FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

うでまくら ~花より男子・つかつく~

Category : うでまくら ~花より男子・つかつく~
 朝の眩しい光で目が覚める。
 腕に軽いしびれを感じて隣を見ると、穏やかな寝息をたてる牧野がいた。
 愛しい女の寝顔に思わず顔も綻ぶ。
 そっとその髪に触れようとした瞬間―――

 「・・・・・類」
 呼ばれたその名前に固まる。
「おい・・・・・牧野!おい!起きろ!」
「・・・・・んー?・・・・・」
 牧野が目をこすりながら体を起こす。
「・・・・・お前、ふざけんなよ」
「は?何言ってんの?」
「今、お前類の名前呼んだだろ」
「は?」
 牧野は驚いたように目を瞬かせる。
「なんのこと?」
「類の名前だよ!今、呼んでただろうが!」
 思わず怒鳴ってしまうと、牧野が顔をしかめる。
「いきなり怒鳴らないでよ!意味分かんない!」
「だから!寝言だよ!」
「知らないっつーの!類の名前なんて・・・・・ん?」
 突然何か思い出したように言葉を切る牧野。
「・・・・・あいつの夢、見てたのか?」
「うーん・・・・・ていうか」
 歯切れが悪い。
 やはり2人の間には何かあるんじゃないかと疑惑が頭をもたげる。

 「おい」
「・・・・・そっか、わかった」
「なにがだよ?勝手に1人で納得すんなよ」
「違うよ」
「だから、何が!」
 イライラして、ついまた声を荒げてしまうと、牧野がまた顔をしかめる。
「いちいち大きな声出さないでよ。あのね、確かに夢は見てたけど、花沢類の夢じゃないわよ」
「じゃあ―――」
「あんたよ」
「は?」
 思わず間抜けな声が出る。
「じゃ、なんで・・・・・」
「あんたが、夢の中で言ったのよ。結婚式であたしのヘアメイクを担当する人間が気に入らないって。どうせならF3の誰かにやらせたいけど誰がいいかって聞くから、答えたの」
「それが、類?」
「そ。別に深い意味なんてないわよ。ただ、花沢類には髪切ってもらったりしたこともあったから、出てきたんだと思う」
 淡々と冷静に話す牧野を見ていたら、だんだんと俺も落ち着いてきた。

 ―――そうだった・・・・・こいつは、もう来月には俺と結婚するんだ。

 その準備が忙しくて、なかなか2人の時間が持てなくて・・・・・
 漸くこうして2人きりになれたっていうのに、俺は何をやってるんだ。

 俺は、拗ねたような表情で俺を見上げていた牧野をそっと抱きしめると、その黒髪に口付けた。
「・・・・・ごめん」
「道明寺・・・・・?」
「離れてた時間が長すぎたから・・・・・つい、余計な心配する癖がついちまった」
 その言葉に、牧野は小さく笑うと俺の背中に腕を回してキュッとしがみついた。
「ばか」
 声に、甘さが滲む。
「4年も待ってたんだよ?今更なんの心配すんのよ」
「・・・・・だな」
「だよ。・・・・・そんなにあたしが信用出来ないの?」
「信じてるよ、お前のことは」
「ほんと?」
「ああ」
「じゃ、許してあげる」
 クスクスと笑う牧野。
 こいつの笑顔を見るだけで、ほっとする。
 仕事をしている時には味わえない安心感だ。
 牧野を抱きしめる腕に力を込める。

「絶対、お前を幸せにするから」
「うん」
「ずっと・・・・・俺の側にいてくれ・・・・・」

 その言葉に、牧野が俺の背中に回した手にキュッと力を込めた。
 「うん」

「愛してる・・・・・」
「あたしも・・・・・愛してる・・・・・」

 そしてまた、2人の幸せな時間が始まる・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なんと初めてのつかつくです(笑)
 なんとなく思いついて描いてみました。
 連載途中で短編書くと、ちょっとややこしい感じしますね・・・・・すいません。
 また思いついたら、いろいろ書いていきますので、どうかお付き合いくださいませ♪

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

b_04.gif



スポンサーサイト



うでまくら 2 ~花より男子・つかつく~

Category : うでまくら ~花より男子・つかつく~
 ふと、目が覚める。

 さっきまで確かに感じていたぬくもりが消えていた。

 眠るとき、この腕に頭を乗せ静かな寝息をたてていたはずなのに・・・・・

 「―――つくし?」
 司の呼びかけに、答える声はない。
 慌てて体を起こし、ベッドを降りようとして―――

 バルコニーに、人影があるのに気付く。

 バルコニーに置かれた白いロッキングチェアーに座り、ゆらゆらと揺れる影。
 あれは―――


 「つくし」
 静かに窓を開け、声をかけるとつくしがゆっくりと振り向いた。
「あ・・・・ごめん、起こしちゃった?」
 ふわりと微笑むつくしの腕の中には、すやすやと眠る愛娘、光の姿が。
「どうした?」
「さっき、ちょっとぐずって・・・・・。起こしちゃいけないと思って、すぐにここに連れて来たんだけど」
「俺のことは気にするな。もう寝たのか?」
 司の言葉に、つくしは再び光に目を落とし、愛しそうに見つめる。
「うん、やっとね・・・・・。すぐにベッドに寝かそうとするとまた起きちゃうから、暫くここにいようかと思って」
 月明かりの下、ロッキングチェアーに揺られるパジャマ姿のつくしと光。
 思わず見惚れるほどの美しさに、司は目を細めるが・・・・・

 「いつまでもこんなとこにいたら風邪ひくぞ。まだ夜は冷える」
 司の言葉に、つくしは再び顔を上げる。
「でも・・・・・」
「抱いてれば、大丈夫なんだろう?そのまま、一緒に寝ればいいだろう」
「いいの?またぐずりだしたりしたら、起こしちゃうかも。久しぶりにうちで寝られるのに―――」
 3ヶ月ぶりの我が家。
 来週にはまた、アメリカへ行かなければいけない。
「だからこそ、だろ?1週間しかこっちにいられないんだ。光のぬくもりを、この腕にしっかり残していきたい」
 その言葉に、つくしが嬉しそうに微笑む。
「うん・・・・・」

 ゆっくりと立ち上がり、司に肩を抱かれ部屋に入っていくつくし。
 そのまま静かにベッドに横たわると、いつものように司の腕枕に頭を寄せ、2人の隙間に光を寝かせた。
 少し身じろぎしたものの、そのまま静かな寝息をたて続ける光の姿に、2人でほっと息をつく。

 「・・・・・お前に、任せきりにして悪いな」
 司の言葉に、つくしは首を振った。
「そんなこと、気にしてない。すごくがんばってくれてることわかってるし・・・・。大変だけど、みんながいろいろ手伝いに来てくれるから、楽しいよ」
「寂しくないか?」
「うん、大丈夫」
「・・・・・それもちょっと、複雑だな」
 溜め息とともに呟かれる言葉に、つくしが思わず噴出す。
「笑うなよ」
「だって・・・・・」
 司と結婚して、1年後には娘の光も生まれて・・・・・
 大変だけれど、毎日幸せを感じていた。
 愛するものといられる幸せ。
 でもそれだけではなく・・・・・
「俺といる時間より、類たちといる時間の方が絶対長いだろ」
 拗ねたような司の口調に、くすくすと笑うつくし。
「だって、毎日のように来るんだもん。美作さんなんて、あたしよりも光あやすのうまいし。西門さんも、マイフェアレディーだなんて言ってる」
「ふざけろ。ぜってーあいつらにはやらねえぞ」
 額に青筋を立て、光を抱きしめようとする司に、つくしも慌てる。
「ちょっと、起きちゃうよ」
「―――お前は、大丈夫だろうな」
「何が?」
「類と・・・・・何もねえだろうな」
「当たり前、でしょ?」
 にっこりと微笑むつくしに、漸く安心したように微笑む司。

 毎日のように屋敷に押しかけてくる友人たち。
 その存在が、つくしにとってとても大きなものであることは、司も承知していた。

 この広い屋敷で、子育てに追われる毎日が大変じゃないわけはない。

 家を空けることが多い夫の司。
 使用人たちの助けはあるものの、精神的に孤独感に襲われることは避けられないことと、半ば覚悟していたのだが。
 それを埋めてくれるのは、高校時代からの友人たちだった。
 もちろん、自分たちだって忙しいのだ。
 それでも、毎日誰かしらが顔を出して光とつくしの様子を見に来てくれるのが、つくしにはとてもありがたかった。
 傍にいて、話し相手になってくれるだけでもかなり違うものだ。

 そしてそんなふうに妻の力になってくれる親友たちに、司だって感謝しているのだ。
 心配事はあるものの・・・・・
 それでも家に帰って来たときに迎えてくれるつくしの笑顔が変わりないことに、ほっとする瞬間。
 それはやはり親友たちのおかげであると、理解していた・・・・・。

 暫くすると、司の腕に頭を乗せてすやすやと寝息をたて始めるつくし。
 司はそんな愛しい妻と妻にそっくりな愛娘の寝顔に、目を細め・・・・・

 優しくつくしの額にキスを落とした。

 そして、次に目覚めたときにも、2人の穏やかな寝顔が見れるといいと思いながら目を閉じたのだった・・・・・。


                              fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 どうしても普段、虐げられ気味のつかつく。
 たまにはこんな平和なひと時もいいでしょう。
 投票が100票超えましたので、うでまくら続編、書いてみました♪
 のわりに、これの投票についてのコメントがまったくなかったのが寂しい・・・(^^;)
 皆さんの投票&コメント、お待ちしてます♪

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart