FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

さくら ~花より男子・つかつく~

Category : さくら ~花より男子・つかつく~
 「桜が、きれいだね」
 大きな桜の木を見上げながらあたしが言うと、道明寺は、まるで初めて気付いたかのように上を見上げて目を瞬かせた。
「ああ、本当だ。すげえな」
 満開の桜が空も隠してしまうほど一面に広がり、あたし達を見下ろしているようだった。
「―――もうすぐ新学期だよ。F4はもういないんだよね」
 高校生の時からずっと一緒だった人達。
 彼らがいよいよ卒業し、この春からはそれぞれの道を歩き出す。
 なんだか、突然周りが静かになってしまい、気が抜けてしまったようだった。
「・・・・・寂しいか?」
 道明寺の声にあたしは素直に頷いた。
「少しね。でも大丈夫だよ。あたしも忙しくなるし、1年後にはあたしも卒業だもん。寂しがってる暇なんかないよ」
「そうか・・・・・。あいつらも、お前のことは気にかけてる。なんかあったときにはぜってえ力になってくれるはずだ。もし、何かあったら遠慮せずにあいつらを頼れよ」
 桜を見上げながらそう言う道明寺を、あたしは首を傾げて見た。
「・・・・・そんな顔すんな。俺は、あと1年は帰ってこれねえし、おまえに何かあったとき、すぐには駆けつけてやれねえ。そういうとき、頼りに出来るのはあいつらだ。そんでも・・・・・できれば何の問題も起きないでいて欲しいけどな。お前の場合、それを期待すんのは難しいだろ?」
「何よそれ、あたしはトラブルメーカーじゃないんだから」
「立派なトラブルメーカーだよ。今までに何度問題を起こしたか・・・・・」
 呆れたようにあたしを見る道明寺に、あたしはむっとして睨み返した。
「人を問題児みたいに言わないでよ。あたしが問題を起こしてるんじゃなくて、そういうトラブルに巻き込まれるだけよ」
「・・・・・だから、心配なんだよ。先が思いやられる」
 溜息をつく道明寺にむかついて、あたしはぷいと横を向いた。
「心配なんかしてくれなくってもいいです!あたしの問題は、あたしが自分で解決するし!」
 先を歩こうとするあたしの腕を、道明寺の腕が掴み、ぐいっと引っ張られた。
 そのままよろけるようにバランスを崩し、道明寺の腕の中に収まるあたし。
 反射的に離れようとして・・・・・そのままぎゅっと抱きしめられた。
「・・・・・・お前の、そういうところが、危なっかしくて見てらんねえ」
「・・・・・何よ、いつだって見てないじゃない」
「ああ・・・・・・本当はずっと俺の目で、見ていたかったんだけどな・・・・・」
 なんだか、寂しげな道明寺の言い方に、心臓が嫌な音を立てる。
「あと1年・・・・・・あと1年だ。必ずお前を迎えに来る。だから・・・・・・それまで、ちゃんと待っててくれ」
「道明寺・・・・・・・」

 別れを、言われるのかと思った。
 そっと見上げると、道明寺のいつになく優しい瞳にぶつかり、どきんと胸が鳴る。
「・・・・・・類にも・・・・・・他の誰にも、おまえをやるつもりはねえからな。1年後、誰かがお前の傍にいても、必ず俺が奪い返す。だから・・・・・お前も、俺だけを思ってろ」
「・・・・・4年も放ったらかしで、偉そうなんだから」
「そう言うな。おれには、お前しかいねえんだ。一生・・・・・女はお前だけだ」

 涙が、頬を伝った。
 桜の花弁が舞い落ち、あたしの頬を掠めていく。
 道明寺の大きな掌があたしの頬に優しく触れ、涙を拭った。

 「愛してる・・・・・・」
 風にかき消されそうな、でもしっかりとあたしの胸に響いてくる道明寺の声。
「・・・・・あたしも」
 それだけ言うのが、精一杯だった。
 腰を引き寄せられ、唇が重ねられる。

 道明寺jの優しいキス。

 それも何ヶ月ぶりだろう・・・・・。

 でも、それだけであたしは幸せになれる。

 あと1年。

 大丈夫。

 だって、あたしにも道明寺だけかだら・・・・・・

 ぐいと、道明寺の胸倉を掴む。
 「1年後・・・・・もしあんたがこなかったら・・・・・あたしが、奪い取りにいくからね」
 あたしの強気なセリフに、道明寺は一瞬目を瞬かせ・・・・・
「楽しみだな、それも」
 そう言って子供みたいに笑った・・・・・・。

 
                          fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 久しぶりのつかつくです。
 絶好調とまではいきませんが、だいぶ復調してきました。
 短いお話なら何とかなるかなと思って書いてみましたが・・・・・
 楽しんでいただけると嬉しいです。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト