FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

Rainy day ~花より男子・類つく~

Category : Rainy day ~花より男子・類つく~
 「ここにいれば、牧野が来るような気がしてたんだ」

 類だったらそう言ってくれると。

 いつでもあたしを見守ってくれると、自惚れてたのかもしれない。

 朝からのひどい雨で、非常階段からの見通しも悪い。

 あたしはそこで、1人立ちすくんでいた。

 「俺を信じろ」

 そう言った道明寺を、あたしは信じてた。

 道明寺が、あたしではなく滋さんとの婚約を発表したときも、信じてた。

 きっと何か事情があるんだって。

 入籍のニュースを聞いても・・・・・・。

 2人の結婚式の様子をTVで見ても、あたしは・・・・・・

 だけど・・・・・

 「ごめん」

 いつも人の目を見て話すあいつが。

 初めてあたしから目を逸らし、そう言った声には力がなくて。

 あたしは初めて、真実を知った・・・・・。


 それから、あたしは真っ直ぐにこの場所に来た。
 雨の中、傘をさすことも忘れてた。
 類が、いてくれるような気がしたんだ。
 でも、そんなわけなかった。
 類は今、フランスにいるはず。
 花沢家の跡取りとして、本格的に仕事を始めた類がフランスへ渡ったのは先月のこと。

 もう、この非常階段に来ることもなくなったんだ・・・・・。

 涙は、出なかった。
 ただ、心は空っぽで。
 何も感じなかった・・・・・。

 ショックだったのは、道明寺の心変わりなのか。
 それとも、別れを告げられて涙も出ない自分なのか。
 どこかで、本当はわかってたのかもしれない。
 道明寺は、もうあたしを見てないって・・・・・。
 そして、あたしも、道明寺を見てないって・・・・・・

 類と会えなくなってから、心にぽっかりと開いてしまった穴は、自分1人では埋めることが出来なくて・・・・・

 「ほんと、あたしってバカ・・・・・・」

 気付いたらここにいた。
 それが、あたしの心そのものなんだと、今初めて自覚することが出来た・・・・・。

 「もう、手遅れだっつーの・・・・・」
 応えが帰ってくるはずのない独り言。
 だけど・・・・・

 「何が、手遅れ?」
 突然聞こえてきた声に、弾かれたように振り返る。

 変わらない笑顔。
 今一番会いたかった笑顔が、そこにあった・・・・・。

 「どうして・・・・・」
 あたしの声に、類がふっと笑った。
「牧野が、どこかで泣いてる気がして・・・・・心配だったんだ」
 そのとき、初めてあたしの頬を涙が伝っていった・・・・・。

 類の手が、あたしの髪を優しく撫で、そっと引き寄せる。
「・・・・・寄っかかって良いよ。俺が、支えるから・・・・・」
 優しい声が、深いところまで染み込んでくる。
「あたし・・・・・類に会いたかったよ・・・・・・」
「うん、俺も・・・・・。牧野に、会いたかった・・・・・」
「気付いたら・・・・・ここにいたの・・・・・」
「うん・・・・・」
「類が、いてくれる気がして・・・・・・」
「うん・・・・・」
「・・・・・呆れるかもしれないけど・・・・・」
「ん・・・・・?」
「軽蔑するかもしれないけど・・・・・」
「・・・・・俺が?」
 そっと顔を上げれば、類の優しい瞳にぶつかる。
「俺が、牧野を軽蔑するなんて、ありえないよ」
「・・・・・あたし、道明寺と別れても・・・・・ショックじゃなかったの」
「・・・・・うん」
「あいつの顔見て、悲しい気持ちにはなったけど・・・・・それよりも・・・・・類がフランスへ行っちゃったときの方が寂しくて・・・・・悲しくて・・・・・涙が止まらなかった・・・・・」
「・・・・・うん」
「会いたくて・・・・・会いたくて・・・・・堪らなかった・・・・・」
「うん・・・・・俺も」

 頬に伝う涙を、類の指が掬った。

 瞼に、類の唇が触れる。

 冷たくて、だけど優しいぬくもり。

 「俺もずっと、会いたかった・・・・・。ずっと・・・・・好きだよ・・・・・」
 
 類の唇が、溢れる涙を掬い取り・・・・・

 そして、優しくあたしの唇に触れた。

 慈しむような、優しいキス。

 「愛してる・・・・・」

 どちらからともなく紡がれた言葉が、雨が降りしきる中、やさしいぬくもりとなって2人を包み込んでいた・・・・・。


                              fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちょっとした思い付き。しつこい雨にうんざりしながらも、雨の音ってキライじゃないんだよなあと思い出して、勢いで書いたお話です。

   いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
スポンサーサイト



Rainy day 2 ~類つく~

Category : Rainy day ~花より男子・類つく~
 *このお話は「Rainy day」の続きになります。


 雨が降ると、思い出す。

 あの日のことを・・・・・


 「なんか、隠してることない?」
 2人で傘をさして歩きながら、類がちらりとあたしを見た。
「隠してること?」
 あたしが首を傾げると、類が再び前を向いて頷いた。
「うん。何か・・・・・こないだから、こそこそしてる気がするんだけど?」
「こそこそって・・・・・」
「俺に、隠し通せると思ってる?」
 再び向けられた視線に、思わずぎくりとする。
「・・・・・結婚するときに誓ったよね?隠し事はしないって」
 
 類と結婚したのは、今年の6月のこと。

 類の両親にも温かく迎えられ、信じられないくらい順調な結婚生活。

 こんなに幸せでいいのかしらと、逆に不安になってしまうほど・・・・・

 「―――昨日、どこかに電話してただろ?」
 類の言葉にぎょっとする。
「聞いてたの?」
「聞こえてきたんだよ、たまたまそばを通りかかって。ひそひそと、まるで内緒話でもするみたいに声潜めて・・・・・何日の何時に、とか言ってた」
「それは―――」
「俺に隠れて、誰と会うつもり?そんな風にこそこそと会わなくちゃいけないやつなわけ?」
「そうじゃないよ」
 あたしは、完全に拗ねてしまっている類を困ったように見つめた。

 ―――まだ、内緒にしておこうと思ったのにな・・・・・

 ちょっとしたいたずら心。

 だけど、これ以上隠しておいたらきっと、類は完全に誤解してしまいそうな勢いだった・・・・・。

 「―――ちょっと、行きたい所があるんだけど」
 あたしの言葉に、類は顔をしかめた。
「何?突然」
「いいから、黙ってついてきて」
 そう言ってあたしはちょっと笑うと、雨の中ある場所へ向かって歩き出したのだった・・・・・


 着いたのは、高校の非常階段。
「―――今日みたいな雨の日だったね」
 
 道明寺と別れ、類と結ばれた日。

 あたしを抱きしめてくれた類のぬくもりを、あたしは今でも覚えている。

 「―――つくしのことが心配で。あの日は、それしか考えてなかった。つくしのことだけ―――」
 類も手すりにもたれ、思い出したように呟いた。
「うん・・・・・。フランスにいると思ってた類が突然現れて、びっくりして―――でも、すごくうれしかった」
 あたしは類を見上げ―――
 不思議そうにあたしを見つめる類の手を、そっと握った。
「もう少し後で―――驚かそうと思ってたんだけど」
「―――どういうこと?」
「・・・・・先月、病院に行ったの」
「病院?どうして?どこか具合が悪いの?」
「そうじゃなくて」
 あたしは首を振りながらも、込み上げてくる気持ちを抑えきれずくすくすと笑った。
「つくし・・・・・?」
「類・・・・・パパになりたくない?」
 そう言って見上げれば。

 みるみるその顔が紅潮し、ビー玉のような瞳が驚きに見開かれた。

 「それ・・・・・まさか・・・・・」
 類の手が、恐る恐るあたしのお腹に触れる。

 あたしはこくりと頷き、類の手の上に自分の手を重ねた。
「―――今、3ヶ月だよ」
「―――なんでもっと早く言わないんだよ!?」
「だから、驚かせたくて・・・・・。昨日は、病院に検診の予約の電話を入れてたの」

 信じられないような目であたしを見つめて。

 それから、まるでスローモーションのようにゆっくりと、類があたしの体を抱きしめた・・・・・。

 「―――びっくりした?」
 あたしの言葉に、少し遅れて類が頷く。
「―――当たり前だろ?ここのところ1ヶ月くらい仕事が忙しくて、なかなか2人でゆっくりできなかったから・・・・・愛想尽かして、好きなやつでもできたのかって・・・・・」
「そんなこと、あるわけない。一生類だけって・・・・・誓ったんだから・・・・・」

 そっと体を離し、見つめあう。

 類の顔が近付き、唇が重ねられる。

 優しくて、温かいキス。

 気持も、だんだんあったかくなる。

 類が、優しくあたしの手を握った。

 「家に帰ろう。こんな雨の中にいつまでもいたら、体が冷えちゃうよ」
 その言葉に、くすりと笑う。
「大丈夫だよ、傘さして来てるんだし、今日はまだあったかいよ」
 あたしの言葉に、それでも首を振る類。
「ダメ。今は普通の体じゃないんだから、ちゃんと気をつけないと・・・・・。なんか心配。無茶して走りまわったりするなよ?」
「子供じゃないんだから・・・・・」
「子供の方が、まだ言うことききそう」
「もう」
 あたしが頬を膨らませて類を睨むと、くすりと笑う類。
「―――その検診、俺も着いていくから」
「え・・・・・いいの?仕事、忙しいのに」
「それは特別だろ?ちゃんと、自分の目で確かめたいし」
 そう言って類はあたしの手を引き、ゆっくりと階段を下り出した。
「階段とかも、気をつけてね。慌ててコケないように」
「だから、子供じゃないってば」
「心配なんだよ。つくしはすぐにてんぱるから・・・・・。何かあったらすぐに電話して。それから、具合悪い時は絶対に無理しないで」
「はいはい。なんか、急にうるさくなったよ」
 呆れたように言うと、類がきっぱりと言った。
「心配してるだけ。もう、つくしだけの体じゃない―――その中には、おれの子がいるんだから」
 階段を下りきり、類は足を止めるとあたしを振り返った。
「だろ?」
「―――うん」
 笑顔で頷けば。
 安心したようにあたしの額にキスをする。
「―――帰ったら、お祝いしよう」
 そうして2人、傘をさして。

 ゆっくりと家への道を歩き出したのだった・・・・・。


                           fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちょっとだけ類くんのやきもちもありましたが、比較的平和に。
 幸せな2人のお話でした♪

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説