FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

Only Love ~花より男子・類つく~

Category : Only Love ~花より男子・類つく~
 「・・・・・何してんの」
 ドアを開けると、飛び込んできたのはかわいらしいメイド姿の牧野だった。
 俺に見られたのを知ると、途端に顔を真っ赤に染め上げる。

 胸元の大きく開いた白いブラウスに、胸のふくらみを強調するような紺のエプロンドレス。
 スカートの裾はふんわりと広がり、白いペチコートがちらちらと見えるのが逆にセクシーだった。
 ミニ丈の裾からは生足が覗き、膝までの白いソックスが細い足にぴったりと張り付いていた。

 「何してんの?」
 もう一度聞くと、牧野は観念したように溜息をついた。
「・・・・・試着」
「その服、どうしたの?まるでメイド喫茶にでも行くみたいだね」
 そう冗談めかして言えば。
 牧野の目が一瞬ぎくりとしたのを、俺は見逃さなかった。
「・・・・・どういうこと?」
「・・・・・桜子に、頼まれて。バイト」
「バイト?あの三条が?」
「うん・・・・・。桜子の、前の彼氏がメイドのコスプレが好きで、家にナイショでバイトしてたんだって。でも、その彼と別れて・・・・・。バイトも、もう辞めるんだけど、どうしても明日だけ人が足りないからって頼まれたんだけど、桜子も用事があるからって・・・・・」
「それであんたが頼まれたの?何でそんなの引き受けるの」
「だって、強引にこの制服押し付けられて・・・・・どうしてもって泣きつかれちゃったんだもん」
 上目遣いに俺を見上げる牧野。
 俺は、大きな溜息をついた。
「・・・・・その格好を、他のやつにも見せるの?」
「だって、制服だから・・・・・」
 俺は牧野の腰を引き寄せ、その体を腕の中に封じ込めた。
「絶対ダメ」
「だって・・・・・」
 困ったように俺を見上げる牧野。
 胸の膨らみが上からはっきりとわかるその格好に、俺は顔を顰めた。
「・・・・・どうしても行くんなら、俺も行く」
「だ、だめ!」
「何で?」
「だって・・・・・」
 牧野の頬が染まる。
「他のメイドさんを、見て欲しくない。類を・・・・・見せたくない」
 潤んだ瞳。
 
 頭で考えるよりも先に、体が動いてた。

 乱暴にその唇を奪い、華奢な体をかき抱く。

 漸く腕を緩めるころ、牧野は俺に摑まらないと立っていられない状態だった。

「・・・・・かわいいね、その格好」
「あたしには、似合わないよ」
 照れたように言うその表情が、かわいかった。
「似合ってるよ。でも・・・・・俺以外のやつには、見せないで」
「また・・・・・」
「俺、本気だから。明日1日・・・・・牧野を縛り付けてでも、行かせないよ」
 耳元で囁けば。

 牧野は観念したように俺の胸に額をつけて、くすりと笑った。

「もう、強引」
「・・・・・嫌いになった?」
「ううん・・・・・。大好きよ・・・・・」

 それから俺たちはまた、ゆっくりと口付けを交わした・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こちらのお話も、拍手のお礼用小話に使用していたものです。
 これは一話完結。
 これくらいの短いお話しを思いついたときには、拍手のお礼小話としてアップしたりします。
 たま~に新しいお話が入ってたりするので、時々覗いてみてくださいね♪

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
スポンサーサイト