FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

言葉がなくても vol.1 ~花より男子・総つく~

Category : 言葉がなくても ~花より男子・総つく~
*このお話は、「言葉にできない」、「Blue Christmas」から続くお話になります。 

 -tsukushi-

 考え事をしてた。

 この世にいつから嫁姑問題なんて言葉ができたのかって。

 仲が悪いってわけじゃないと思う。

 ただ、ものの価値観がちょっと違うだけで・・・・・。

 1人悶々と考えながら溜め息をついたとき、突然目の前に誰かが立ち、視界を塞いだ。

 「久しぶりだな」
 独特の低い声に、あたしは驚いて顔を上げた。

 「道明寺!」
 目の前に立っていたのは、男らしく成長し、でも少しだけやんちゃな雰囲気を残した道明寺だった。
「よお、牧野」
 そう言ってにやりと口の端を上げた道明寺。
 端正な顔立ちは変わらない。
「どうしてあんたが・・・・・いつ日本に?」
 あたしの言葉に、道明寺は肩をすくめた。
「昨日ついた。お前と総二郎が結婚するって聞いて・・・・・仕事のスケジュールを変更してきたんだ」
「結婚式はまだだよ?決まったら、招待状出そうと思ってたのに」
「・・・・・うまくいってるのか?」
 真剣な目であたしのを見道明寺の表情に、ちょっとどきりとする。
「あ、当たり前でしょ?何言ってるのよ」
「溜め息、ついてたじゃねえか。結婚、ためらってんじゃねえのか」
「そんなことないよ。今はちょっと・・・・・考え事してただけ」
「結婚のことを考えてたんじゃねえのか?あそこの家はある意味俺んとこよりも厳しいものがある。あの世界にお前がすんなりなじむとも思えねえ。総二郎の母親とお前の気が合うとも思えねえしな」
 道明寺にしては的を得ていることを言い出すので、あたしはすぐには何も言い返すことができなかった。
「あたりだろ?」
 にやりと笑ってあたしを見る目が憎たらしい。
「今なら間に合うぜ?あいつやめて、俺にしとけば」
 そう言ってぐっと顔を近づけられ、あたしは反射的に後ろに下がろうとして―――

 ぽすんと誰かにぶつかり、驚いて振り向く。

 そこには、不機嫌に顔を顰めた西門さんが。

 「・・・・・お前、いつ帰ってきたの」
 言葉とともに鋭い視線が飛び、道明寺が苦笑する。
「そう睨むなって。軽いジョークだろ」
「お前のはジョークにならねえ。大体、日本に帰ってくるなんて聞いてねえぞ」
「まあ、連絡するのも面倒だったし、来たほうが早いと思ってよ」
「で、何でタイミングよく俺と牧野が待ち合わせしてる場所に来てんだよ?」
 言われて、あたしも気づいた。
 街角の交差点。
 西門さんとはよくここで待ち合わせするけれど、考えてみれば道明寺はそんなこと知るはずもなくて。
「あ、そういえば。何であんたここにいるの?」
 とあたしが言えば、西門さんが呆れたようにあたしを見る。
「お前、今頃何言ってんだよ」
「だって・・・・・」
 そのやり取りを聞いて、道明寺がおかしそうに笑う。
「車で通りかかったんだよ。見たような女がぼんやり突っ立ってんのが目に入って、車を先に行かせてそこで降りてきた」
「ぼんやりって・・・・・」
「なんか疲れきってるように見えたぜ?大丈夫かよ、お前ら」
 その言葉に、西門さんがちらりとあたしを見る。
「考え事してただけって言ったでしょ?変なこと言わないで。波風立たせに来たの?」
「そんなんじゃねえよ。大変だろうなと思って気ィ使ってんだ、これでも。大丈夫ならいいんだ。じゃ、俺はこれから行くとこがあるから、また夜にでも連絡する」
「ああ、またな」
 西門さんがそう言い終るよりも前にその場を立ち去る道明寺。

 いつの間にか目の前にすっと止められたリムジンに乗り込む道明寺は、輝くようなオーラをまとい、それだけで周りの注目を集めてしまっていた。

 やがてリムジンが見えなくなると、西門さんがふっと息を吐き出した。
「相変わらず、嵐みたいなやつだな」
「うん、ほんと。でも帰ってくるならそう言ってくれればいいのにね」
 あたしの言葉に、西門さんが無言であたしに視線を送る。
「何?」
「―――言いたいことは、ちゃんと俺に言えよ」
「え・・・・・」
「俺たちは、これから夫婦になるんだぜ?1人で抱えこまねえで、何か悩んでることがあるんなら俺に言えって言ってんの」
「何も・・・・・悩んでることなんて」
「だけど司にはお前が悩んでるように見えた」
「それはあいつが勝手に・・・・・」
 西門さんの手が、あたしの肩を掴む。
「あいつは、ことお前に関しちゃすげえ野生の勘が働くんだ」
「西門さんは・・・・・あたしよりも道明寺のこと信用するわけ?」
「そういうわけじゃねえよ。けど、実際最近のお前は考え込んでることが多いだろうが。俺のことを気遣ってくれてんのかも知れねえけど、俺はちゃんと言ってほしいんだよ。天邪鬼も大概にしろっての」

 お互い、思う気持ちは同じなのに。
 わかっているのにすれ違ってしまう。
 
 だけどやっぱり・・・・・・
 
 「―――西門さんには、言いたくない」
 あたしの言葉に、西門さんの顔色が変わる。
「あっそ・・・・・じゃ、勝手にしろよ」
 そう言ってくるりとあたしに背中を向ける西門さん。
「どこ行くの?」
 あたしの声に、振り向きもせず。
「帰る。今日は、このまま一緒にいても喧嘩になるだけだ。お互い、頭冷やそうぜ」

 遠くなっていく彼の背中を、追いかけることができなかった。

 涙で、その後姿が霞む。

 それでも。

 あたしは西門さんの姿が見えなくなるまで、そこで立ち尽くしていた・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 結婚を目前に、ちょっとすれ違い気味の2人です。
 ま、結局はラブラブなんですけども。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



言葉がなくても vol.2 ~花より男子・総つく~

Category : 言葉がなくても ~花より男子・総つく~
 -soujirou-

 ようやく結婚できると思って、決まったときは天にも昇る気持ちだった。

 お互いの両親にも認めてもらったし、2人の間には何の障害もないはずだった。

 なのに・・・・・

 ここ数日、牧野は心ここにあらずで考え込んでいることが多かった。

 それでも、マリッジブルーかもしれないしそのうち元に戻るだろうと考えていたのだ・・・・・。


 「マリッジブルーだろ。気にすることないんじゃねえのか」
 その日の夜、司とクラブで会った。
 2人で飲むのも久しぶりだ。
 その司の言葉に、俺は溜め息をつく。
「俺もそう思いてえけど・・・・・」
「何だよ、弱気だな。らしくねえぞ。そんなこと言ってると本当に俺が攫ってくぞ」
 にやりと笑いながらそう言う司を、軽く睨みつける。
「だから、お前のは冗談にならねえんだって。そんなことさせねえよ。ただ・・・・・あいつが何を考えてるのか、それを知りてえんだよ。今のままじゃ安心できねえ」
「・・・・・お前の両親は、結婚を納得してんのか?」
「当たり前だろ?何だよ、それ」
「いや・・・・・。お前のお袋って、なんつうか、こう―――ちょっと俺のとこと似てるって言うか、家柄を重んじる、みたいなタイプだろ?」
 その言葉に、俺は肩をすくめた。
「まあな。だけど牧野のことは気に入ってるんだ。今じゃ俺なんかよりもよっぽど牧野と話してることのほうが多い」
「ふーん・・・・・。じゃ、お前がいないとこで2人で話してたりすんのか?」
「たまにな。最近は結婚式の話なんかで俺の家に来ることも多いし、2人で話してることもあるよ」

 そういえば・・・・・。

 最近、俺のいないときに牧野が来ていて、その後に会うと考え事をしていることが多い気がする。

 母親と、何かあるのか・・・・・?

 そんなことを考え込み始めた俺を、司がじっと見ていた・・・・・。


 -tsukushi-

 「朝か・・・・・」

 いろいろなことを考えて、結局一睡もできないまま外は明るくなってしまっていた。
「つくし、ゴミ出してきて」
 母親に言われて、あたしはゴミ袋を持って外に出た。

 集積所にゴミ袋を置き、戻ろうとして―――
「よお」
 目の前に立っていたのは、道明寺だった。
「何してんの?こんなとこで」
 目を丸くするあたしを、ニヤニヤと笑いながら見ていた。
「仕事に行く前に、ちょっとお前の顔でも見て行こうかと思ってよ。お前、寝てないのか?顔色ひでえぞ」
「―――余計なお世話」
 プイ、と横を向きながらも、そのまま帰ってしまうのは悪いような気がしてまた向き直る。
「何か用?」
「お前が何を悩んでるのか、総二郎が知りたがってる」
「・・・・・西門さんに、頼まれたの?」
「いいや。あいつはただ、不安に思ってるみたいだぜ。お前が結婚をためらってるんじゃねえかってな。俺は―――もしお前が結婚をためらってるんなら止めさせようと思ってきたんだ」
「止めさせる?」
「ああ。総二郎との結婚を迷ってるなら・・・・・まだ俺にも望みはあるってことだろ?」
 道明寺が、真剣な瞳であたしを見つめていた。

 あたしはそんな道明寺を見返し・・・・・

 ふっと息を吐き出した。

 「迷ってるわけじゃ、ないの」
「じゃ、何だ?悩みがあるんだろ?」
「悩み・・・・・っていうか・・・・・」
「言ってみろって。俺はこれからまた仕事だ。総二郎にちくったりしてる暇はねえからよ」
「何よそれ。暇だったらわざわざちくるわけ?」
「そりゃあ話の中身にもよるだろ。―――こりゃあ俺の勘だけど。あいつの母親と、何かあるんじゃねえのか?」
 その言葉に、あたしはちょっとぎくりとする。
 
 ―――やば。

 道明寺は、そんなあたしを見てにやりと笑った。
「やっぱりな。ま、気が合いそうもねえよな」
 その言葉に、ちょっとむっとする。
「適当に言わないでよ。あたし別に、お義母さんのことが嫌いなわけじゃないし、うまくいってないわけでもないんだから」
「じゃ、何をそんなに悩んでるんだよ」
「―――あんたには、言えない」
「じゃ、総二郎には?」
「―――言えない。っていうか・・・・・本当はきっと、西門さんに最初に言うべきだったのよ。あの時に―――」
 そう言って溜め息をつくあたしを、道明寺が不思議そうに見た。
「なんだそりゃ。さっぱりわかんねえぞ。総二郎に言うべきことなら、さっさと言えばいいだろうが」
「そうできないから、悩んでるんじゃない・・・・・」
 そう言ってあたしは、再び深い溜め息をついたのだった・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 台詞多めでごめんなさい。
 まだ出てきてませんが、総ちゃんのお母さんはここでは悪い人ではありません。
 ただ、やっぱりちょっと「西門」の名前というものを大事にしてるのね・・・・・。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説

言葉がなくても vol.3 ~花より男子・総つく~

Category : 言葉がなくても ~花より男子・総つく~
 -soujirou-

 「あら」
 俺の顔を見るなり、目を丸くする。
 まあそうだろう。
 ここ何年も、母親の部屋に俺が行くなんてことなかったのだから。
「―――今、ちょっと良い?」
 俺の言葉に、母親は不思議そうに頷いた。
「珍しいことがあるものね。総二郎さんが私の部屋に来るなんて」
 そう言いながらも俺を促し、部屋に入れてくれた。
「・・・・・牧野のことだけど」
「まあ、それ以外であなたがここに来るとも思えないわよね」
 くすりと意味深な笑みを浮かべる。
 俺はなんとなく気恥ずかしくなってあさってのほうを向きながら頭をかく。
「最近、あいつが何か悩んでるみたいなんだけど・・・・・」
「牧野さんが?」
 母親が目を丸くする。
「ああ。何か知らねえ?最近、良く牧野と話してるみたいだけど」
 その言葉に、ちょっと下を向き考える。
「そう・・・・・牧野さん、悩んでいるの・・・・・」
「・・・・何か、知ってるのか?」
「・・・・・ちょっと、いいかしら」
「は?」
「これから・・・・・牧野さんを呼んでいただける?」
 わけがわからなかったが・・・・・
 とりあえず、俺は母親の言うとおりに牧野に電話をしたのだった・・・・・。


 「牧野さん、ごめんなさいね急に」
 そう言って謝る母親に、家に駆けつけた牧野が首を振る。
「いえ、大丈夫です」
「いったい、何だっていうんだよ?俺がいくら聞いても何もいわねえし」
 少々不貞腐れ気味に俺が言うのを、母親が苦笑して見る。
「牧野さん・・・・・あなたが悩んでるって聞いて・・・・・私のせいなのね」
 その言葉に、牧野が慌てたように首を振った。
「そんな・・・・・あの、あたし・・・・・」
「いいのよ。私が悪かったわ・・・・・。あなたの性格を考えれば、当然そうやって悩むこと、容易に想像できたことなのに・・・・・」
 申し訳なさそうに首を振る母親を、俺は意外に思って見ていた。
「お義母様・・・・・」
「あなたにそう呼んでもらえるようになるなんて嬉しいわ・・・・・。なのに、あなたを悩ませてしまうなんて・・・・・」
 まったく見えてこない話に、俺はいらいらし始めていた。
「なあ、そろそろ俺にもわかるように話して欲しいんだけど」
 俺の言葉に、牧野は困ったように俺と母親の顔を見比べた。
「・・・・・いいのよ、牧野さん。あなたから話してあげて」
「でも・・・・・」
「最初から、そうするべきだったのね。そうすれば、あなたを悩ませずにすんだわ」
 母親の言葉に、牧野は首を振った。
「いえ、あたしも・・・・・最初から、言えばよかったんです」
「おい、牧野」
「牧野さん、総二郎さんにはあなたから言ってあげて」
 母親が、優しい笑顔を牧野に向ける。
 息子である俺さえも滅多に見ることがない笑顔だ。
 その笑顔にほっとしたように牧野は俺を見上げ・・・・
 口を開いた。

 「あたし・・・・・妊娠してるの・・・・・」

 すぐには、言葉が出てこなかった。

 目の前の牧野を見つめる。

 不安そうに俺を見つめる牧野。

 俺は、黙って牧野を抱きしめた。

 「・・・・・なんで・・・・・もっと早く・・・・・」
 その言葉に答えたのは、牧野ではなく母親だった。
「私が、まだ言わないようにと言ったのよ」
「何でそんな勝手なこと!」
 思わずかっとなって叫ぶ俺を、なだめるように牧野が俺の腕に触れる。
「西門さん・・・・・」
「結婚前に妊娠したのがわかると体裁が悪いからか?そんなにこの家の名前が大事かよ?」
「ええ。大事よ。でも・・・・・そのために言わないでと頼んだわけではないわ」
 静かにそう話す母親を、俺と牧野は戸惑いながら見つめた。
「牧野さんから妊娠の話を聞いて・・・・・本当に嬉しかったわ。なんて素敵なことかしらって。すぐに、あなたの喜ぶ顔が目に浮かんだわ。それから・・・・・考えたの」
「何を?」
「式の当日まで黙ってて、あなたを・・・・・それから親戚の人たちを驚かせたらどうかしらって」
 そう言って、はにかんだような微笑を浮かべる母親を、俺と牧野はあっけに取られて見つめていたのだった・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 総ちゃんのお母さんって、もっと厳格な感じかな?
 でもこんなお茶目な一面も、あっていいんじゃないかなあと勝手に想像して書いてみました。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説

言葉がなくても vol.4 ~花より男子・総つく~

Category : 言葉がなくても ~花より男子・総つく~
 -soujirou-

 「俺を、驚かせる・・・・・?」
 まさか、自分の母親がそんなことを考えるなんて思ってもみなかった。

 てっきり、結婚もまだなのに妊娠したなんて体裁が悪いからと、牧野に口止めをしたのだと思ったのだ。
 そう思ったのは牧野も同じだったようで・・・・・。

 「そう、だったんですか・・・・・?あたし、てっきり・・・・・体裁が悪いんだろうって・・・・・・。だから・・・・・この時期に妊娠してしまったのはあたしの責任でもあるし、あたしは・・・・・まだ受け入れてもらってないんだと・・・・・」
 その言葉に、母親は苦笑して首を振った。
「そんな風に思わせてしまったのね。本当に悪いことをしたわ。私は・・・・・今までずっと西門の家を第一に考えていたわ。それが私の役目だと思っていましたし、生きがいでもあった。でもね・・・・・・総二郎さんが牧野さんをここへ連れてくるようになって・・・・・・考え方が少しずつ変わってきたの。もっと、外の世界へ目を向けるべきなんじゃないかって。それで改めてこの家の名前の重要さと・・・・・・それから今後のこの家に何が大事かってう事を知ったのよ」
 静かに話す母親の言葉を、俺と牧野は黙って聞いていた。
「ずっと、西門流を残していくことを考えていたの。だけど、重要なのは残すということだけじゃない。この世界を愛し、それから外の世界へも目を向けられる目こそが大事なのよ。そのためには・・・・牧野さん、あなたのような人こそが必要なんだってわかったの」
「お義母様・・・・・」
「だから、あなたが妊娠していると聞いて本当に嬉しかったのよ。体裁なんか、考えもしなかったわ」
 うふふ、と楽しそうに微笑む母親を、俺はなんとなく気が抜けたように見た。
「じゃあ・・・・・ただ、俺を驚かそうとしただけ?」
「ええ、それから親戚にもね。いろいろと牧野さんのことについて言って来る人たちもいるわ。その人たちの前で、堂々と牧野さんを紹介し、そしておめでたを発表してしまおうと思ったのよ。結婚式というおめでたい場で、他に来賓もいる。そこでもし気に入らなくてもおおっぴらに文句をいう人もいないだろうと思ったのよ」

 そこまで、考えもしなかった。

 西門流のためでもあり、牧野や俺のため、そして生まれてくる子のため・・・・・

 母親がそこまで考えていたんだと知って、俺は言葉が出てこなかった。

 「―――わかりました」
 牧野が、静に口を開いた。
「ごめんなさい、あたしそこまで考えてなくて・・・・・でもやっぱり、総二郎さんには知っていてもらったほうがいいですし・・・・・」
 そう言って俺を見上げるのに、俺も頷いた。
「ああ。そういうことなら、俺も協力する。このことは、式の当日まで誰にもいわねえよ」
 その言葉に、母親は満足そうに頷いたのだった。
「きっと、そう言ってくれると思っていたわ」
 なんとなく、母親の思い通りというのが気に入らないでもなかったが・・・・・

 それよりも、やっぱり嬉しさのほうが上回っていた・・・・・。


 「しかし、何でお袋に先に言うかな」
 2人きりで夜道を歩きながら、俺はやっぱり言わずにはいられなかった。
「だって・・・・・。あたしもてんぱってて。ちょうど西門さんいなかったし、お義母様の意見も聞きたかったの」
「まったく・・・・・。お前が、俺との結婚迷ってんのかと思ってすげえ焦ってたってのに」
 俺の言葉に、牧野が目を丸くする。
「ええ?そんなこと、あるはずないでしょ。そんな間際になって・・・・・。お義母様にまだ言っちゃいけないって言われて、あたしもいろいろ考えすぎちゃってたの。あんなふうに考えてくれてるって知らなかったから・・・・・。それでも何度か西門さんには言おうとしたんだけど、でも・・・・・結婚前に妊娠なんて、いくら西門さんでもやっぱり体裁気にしたりするかなって・・・・・。そう思うと、言えなかった」
「お前なー!何だよそれ!これから結婚するってのに、もう少し俺のこと信用しろよ!」
「だって!」
 とたんに、牧野が泣きそうな顔で俺を見上げてくるから、その表情にドキッとする。
「不安だったんだよ、これでも!お義母様にも認めてもらって、西門さんと結婚できるって決まったときは本当に嬉しくって・・・・・だけど、赤ちゃんが生まれてくることを喜んでもらえなかったらどうしようって!生むの反対されたらどうしようって!あたしは、西門さんの子だから生みたいって思うけど、西門さんの気持ちは違ったらどうしようって・・・・・・信用してないわけじゃないけど、それでもやっぱり・・・・・不安だったんだよ」
 
 牧野の大きな瞳から、大粒の涙が零れ落ちた。

 次々に零れ落ちる涙を見て。

 俺は堪らず牧野の体を引き寄せ、抱きしめた。

 「―――ごめん・・・・・。気付いてやれなくて・・・・・お前が、悩んでることはわかってたのに・・・・・・・」

 言葉にできなくて悩んでいた牧野の気持ちを、一番にわかってやらなくちゃいけなかったのに。

 結婚だとか、妊娠だとか。

 人生の中でそんな大事な時期に、こいつは1人で悩んでその小さな胸を痛めていたんだと思うと、たまらなくいとおしい気持ちになった。

 「俺が、反対なんかするわけない。驚きはしたけど・・・・・・すげえ嬉しいんだ、これでも。この気持ちをどう言ったらいいかわからないけど・・・・・でも嬉しいのは本当だ。だから・・・・・・隠し事はしないでくれ」
「ん・・・・・ごめん・・・・・」

 牧野の顎を上げさせ、その唇を塞ごうとしたとき―――

 「よお、仲直りしたのか?」

 突然の声に振り返れば、そこには車から顔を出してこっちを見ている司の姿が。
「司・・・・・お前、何してんの」
 俺の言葉に、司が肩をすくめる。
「仕事の都合で、またすぐにN.Yに戻らなきゃならなくなった。その前に・・・・ちゃんと結婚式ができんのかどうか確かめとこうと思ってよ。中止になるようなら、代わりに俺が花婿になるってのもありかと」
「バーカ、ふざけんなよ。お前なんかに代わりはできねえよ。こいつの隣にいていいのは俺だけ。式の日取りが決まったら招待状送ってやるから、おとなしく待ってろよ」
「そうするよ。ま、何かあったら俺だけじゃなくって類のやつだって黙ってねえと思うから、しっかり捕まえとけよ」
「余計なお世話。言われなくっても類にもお前にも譲るつもりはねえよ」
 その言葉に司はにやりと笑い、牧野に視線を移した。
 優しく、慈しむような視線だ。
「牧野、幸せになれよ。何かあったときには力になるやつがいるってこと、忘れんな」
「―――うん。ありがとう、道明寺」
 牧野の言葉に頷き、司が窓を閉めると車はすぐに発車し、そのまま見えなくなってしまった・・・・・。

 「あいつは、余計なときに出てきやがる」
 俺の言葉に、牧野がぷっと吹き出す。
「笑うなよ。言っとくけど、司にも類にもお前をやるつもりはねえからな」
「そっちこそ、何言ってるの。そんなことできないように、ちゃんと捕まえててくれるんでしょ?」
 いたずらな笑みを浮かべる牧野を、再び抱きしめ、キスをする。
「もちろん。ずっと離すつもりはねえよ」

 言葉がなくても、お互いの気持ちがわかるような、そんな関係でありたい。

 愛する存在を悲しませることがないように。
 
 ずっと傍にいられるように・・・・・・ 

 ずっとこの存在を抱きしめていられるように・・・・・。


                                fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 もう少し、司と絡めたかったんですが・・・・・・。
 いろいろ欲張っちゃうとだめですね。
 また機会があれば、この続きも書いてみたいと思います♪

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説