FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

Summer vacation ~花より男子・総つく~

Category : Summer vacation ~花より男子・総つく~
 「昨日、誰と一緒にいた?」

 講義の途中。
 突然現われた西門さんに連れられ、狭い資料室に連れ込まれる。
「は?誰とって・・・・・」
 てか、怖いんですけど。
「バイト、休みだったって聞いてねえぞ。しかも携帯にも出ねえ」
「あ・・・・・充電、切れちゃって」
「・・・・・夜はどこにいた?」
「へ・・・・・」
「ずっと、お前の家の外で待ってたんだよ。車の中でまるで刑事ドラマみてえにコーヒー飲んで」
「それは・・・・・ご苦労様」
「家にも帰らず、そのままご出勤?いつからそんな不良になったわけ?つくしちゃんは」
「てか、出勤じゃないし・・・・・」
「話を逸らそうとしても無駄。質問に答えろよ。誰と、どこにいた?」

 壁に追い詰められて、絶体絶命ってこういうこと言うの?
「言っても・・・・・・怒らないって約束して」
「要するに、俺に怒られるようなことだと」
「そうじゃないけど。最後まで、ちゃんと聞いてって言ってるの」
「―――わかった。じゃ、俺が納得できるように話してみ」
 西門さんに促され、あたしはひとつ息をつき、話し始めたのだった・・・・・。


 事の起こりは昨日の大学の帰り。

 一度家に帰ってからバイトへ行かなくちゃならなくて、ちょっと急いでた。
 そこへ現われたのは、自ら車を運転していた花沢類だった。

 「牧野!」
「類?どうしたの?」
「ちょっと、乗って!」
「は?あたしこれからバイトが―――」
「いいから早く!」
 そのまま車の中へ引っ張り込まれ、急発進させられ、あたしはひっくり返りそうになる。
「きゃあっ、ちょっと類!いったいどういうことか説明してよ!」
「ちょっとだけ、付き合って」
「は?どこに?」
「島」
「島ぁ?」


 連れて行かれたのは、花沢の所有している小さな島で。

 「・・・・・で?ここで何すればいいの?」
 もうバイトどころじゃない。
 あたしはすっかり諦めモードで、砂浜でリラックスしている類に聞いた。
「何も。一緒にいてくれればいいよ。明日の朝にはちゃんと大学まで送り届けるから」
「明日の朝!?」
「だって、もう夜だし」
「しれっと答えないでよ!どういうことかちゃんと説明して!」
「両親が、来てるんだ」
「は・・・・・?どこに?」
「うちに。だから、帰りたくない」
「ちょっと待って。類が帰りたくないからって何でそれにあたしが付き合うの?しかもこんなとこで!」
「婚約しろって言われたんだ」
「婚約・・・・・」
 ジュニアなら、珍しい話でもないんだろう。
 以前、あたしも道明寺に婚約しようと言われたことがある。
 だけどあたしは今、西門さんと付き合ってる・・・・・。
「俺はまだ、そんな気ない。だから、両親に言ったんだ」
「なんて?」
「好きな子がいるって」
「ちょっと待って・・・・・それ、まさか―――」
「うん、牧野のこと」
 にっこりと、天使の微笑。
 だけど、それを笑って許せるほどあたしもおめでたくはない。
「何でそんなこと!」
「婚約の話断るための口実だよ。でもさすがに俺の話をそのまま信じるような両親じゃなくてさ。証拠を見せろって言うんだ。その『好きな子』と真剣に付き合ってるのかって」
「・・・・・それで、こんな島に連れてきたの?」
「そういう事。一晩でも、こんな島に2人きりでいられるってのは特別な感情がなきゃできない」
「強引に連れてきたんじゃない」
「そんな事情まで両親にはわからない。とにかく、一晩だけでいいから、付き合って。もちろん何もしないから」
 そう言って微笑む類に、あたしは深い溜め息をついたのだった・・・・・・。


 「で、類と一晩その島で過ごしたと」
 相変わらず西門さんの額には血管が浮かんでる。
「ずっと、砂浜でおしゃべりしてたの。朝になって迎えのヘリが来るまで・・・・・。その後は大学まで類に車で送ってもらった。それだけだよ」
「それだけ?他の男と2人きりで一晩過ごして朝帰りして、それだけ?お前、いつからそんなふしだらな女になったわけ?」
「ふしだら?そっちこそ、彼女に向かってふしだらって何よ!」
「類と2人きりで、本当に何もなかったってどうやって信じればいいんだよ!」
「だってしょうがないじゃない!いきなりそんなとこに連れてかれて、泳いで帰るわけにもいかないし、どうすればよかったのよ!」

 怒りの収まらない西門さんと、信じて欲しくても、その方法がわからないあたしと。
 しばらく睨み合いが続いた。
 そのとき。

 「牧野、総二郎、ここにいたの」
 資料室の扉が開き、当の類が顔を出した。
「類!てめえ!」
「牧野、昨日はありがとう。おかげで両親も納得してくれたよ。お礼に、これ」
 そう言って、いきり立つ西門さんを無視して類があたしに1つの封筒を渡した。
「何?」
「航空券。グアムのうちの別荘、使っていいから。夏休みに2人で行って来れば」
 そう言うと、類は涼しい笑顔で資料室を出て行ってしまったのだった・・・・・。

 残されたあたしたちは、なんとなく毒気を抜かれた気分で・・・・・・

 「どうする?これ」
 あたしの言葉に、西門さんは肩をすくめ、苦笑してあたしを見た。
「せっかくの好意だから、甘えさせてもらってもいいけど。お前が、良ければの話・・・・・」
「あたしが、断るって思ってるの?」
「いいや。けど、嫉妬深い彼氏といると苦労するかも知れねえぜ?まずは水着。俺以外のやつに見せたらただじゃおかないから、覚悟しとけよ」
 そう言っておどけると、唇に触れるだけのキスが落ちてくる。
「―――それじゃ海に行けない」
「大丈夫。あいつのとこ、プライベートビーチがあるから」

 用意周到。
 なかなかバイト付けの毎日から抜け出せないあたしを丸め込むための作戦だったんじゃないかって、疑いたくなるくらい・・・・・。

 でも、もしそうでも騙されてあげようかなって気になる。

 「西門さんが、あたしだけを見ててくれるなら、どこにでも行ってあげる」
 
 珍しく素直にそう言えば。

 少年のように、嬉しそうにはにかむ。

 「もう、俺の眼にはお前しか映ってねえよ」


 そうしてあたしたちは、2人だけのバカンスへと旅立った・・・・・


                                     fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以前に拍手お礼用の小話としてUPしていたお話を、ちょっと長くしてみました。
 してやられたのは、総二郎なのか、つくしなのか・・・・・。
 その辺は、皆さんの想像にお任せします♪

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



Summer vacation 2 vol.1 ~花より男子・総つく~

Category : Summer vacation ~花より男子・総つく~
 *以前のお話はこちらから


 「すっごいきれい!!」

 白い砂浜と、どこまでも続く透明な海。
 そしてそれを見下ろすコテージに、あたしと西門さんは来ていた。

 ここはグアムにある花沢家の別荘で、目の前はプライベートビーチになっていた。

 「もったいねえよなあ。ここ、ほとんど使ってねえんだぜあいつ」
 窓際でその景色に見とれていたあたしの横で、西門さんが言った。
「ほんと。でも、いいのかなあ、あたしたちだけで使っちゃって・・・・・」
「当然。お前を拉致したんだから、そのくらいはしてもらわねえと」
「拉致って・・・・・」

 まだ夏休みに入る前、花沢類に飛び込んできた縁談の話。
 その縁談を断るために、あたしを無理やり小さな無人島に連れて行き一晩2人で過ごすという強硬手段に出た花沢類。
 おかげで縁談を断ることはできたけれど、その時の西門さんの怒りようときたら、今思い出しても冷や汗が出てくるほどで・・・・・。
 ここに招待してくれたのは、その時のお詫びとお礼、ということだった。


 「ねえ、せっかく来たんだから泳ごうよ」
 早速水着を出していると、西門さんが呆れたように苦笑した。
「お前は相変わらずだな。日焼け止め、忘れんなよ」
「うん、わかってる・・・・・・あれ?これ―――」
「どうした?」
 バッグの中を探っていたあたしの手が止まり、固まっているのを見て西門さんが首を傾げる。

 バッグの中にあったはずの、あたしの水着。
 自分で用意したのは、確か黒のセパレートタイプの水着だったはず。
 だけど今あたしの手に触れているのは、黒とは程遠いショッキングピンクの布で―――

 「なんだこれ、水着?」
 いつの間にかあたしのそばに来ていた西門さんがあたしの手からそれをさっと奪い取る。
「あ、ちょっと!」
「おい―――おまえ、マジでこれ着るの?」
 そう言って広げられたそれは、ショッキングピンクの三角ビキニ。
 もちろん、あたしがそんなもの選ぶはずがない。
 思い当たるのは―――
「やられた・・・・・桜子だ」

 そうだ。
 日本を発つ前日。
 滋さんと一緒にうちに遊びに来た桜子が、何やらあたしのバッグのそばで怪しい動きをしていた。
 あたしは翌日の準備で忙しくってそんなこと気にする余裕もなかったけど・・・・・。
 すり替えられたとすれば、あのときしかない。

 「どうしよう、水着これしか入ってない」
 西門さんを見上げると、にやにやとおかしそうに笑う。
「いいじゃん、それ着れば。どうせ俺ら以外にここには来ないんだし」
 完全に面白がってる。
「もう・・・・・」
 それでも、あたしだってここまで来て海を眺めてるだけ、なんて柄じゃないし。

 仕方なく、あたしはその水着に着替えることにし―――

 頼りないくらい少ない布地のそれを着て、西門さんの前に立ったのだった。

 一瞬、目を丸くしてあたしの頭からつま先まで見つめる西門さん。
「―――へえ」
「な、なによ」
「もっとまな板だった気がするけど―――意外とスタイルいいんじゃん。ひょっとして成長した?俺のおかげで」
 にやりと不敵な笑み。
 あたしは思いっきり真っ赤になって西門さんを睨みつけた。
「変なこと言わないでよ」
「変じゃねえよ。お前、まさかとは思うけど2人で旅行に来て、ただ泳ぎに来ただけ、とは思ってねえだろうな」
 そう言ってあたしににじり寄る西門さん。
 あたしは思わず後ずさる。
「な、何言ってんの」
「・・・・・俺たちも、もう付き合って半年だぜ?半年も、この俺様が我慢できたのなんてお前が初だ。そろそろ、その先に進んでもいいと思うけど?」
「その先って―――」

 いくらあたしが鈍いからって、さすがに西門さんの言っている意味はわかる。

 さらに下がろうとしたあたしの手首をつかみ、そのまま唇に触れるだけのキスをする。

 にっこりと満面の笑みを浮かべて。

 「夜が楽しみだな。つくしちゃん」
 その言葉に。
 あたしの体温が確実に1度は上がったのだった・・・・・。


 何はともあれ、まずは目の前の海。
 こんなきれいな海、泳がなくっちゃ勿体ない!
 あたしは砂浜を一気に走りぬけ、そのまま海に飛び込んだ。
「気持ちイイ!!西門さん、早く!!」
 悠々と砂浜を歩いてくる西門さんに手を振る。
「お前、はしゃぎすぎ。子供みてえ」
 そう言いながらも優しく笑う西門さん。
 その笑顔も、なんだかいつもより魅力的に見えるから不思議だ。

 海の中で西門さんとじゃれあいながら波しぶきを上げ、泳いだり潜ったり。

 あたしも、かなりテンションあがってたと思う。

 その緊急事態に気づいたのは、西門さんだった。

 「おい!」
 目を丸くしてあたしを見つめてる西門さん。
「え?」
「お前、水着は?」
 その言葉に、あたしは自分の姿を見下ろし―――
 着けていたはずの、水着のブラが外れていることに気付く。
「きゃあっ、なんで?」
 慌てて胸を押さえてきょろきょろすると、浜辺に近いほうの波間でゆらゆらと揺れているショッキングピンクが目に入る。
 紐で結ぶタイプだったので、夢中で泳いでる時に外れてしまったらしい。
「やだ、もう」
 慌ててそっちへ向かうあたし。
「おい、俺が取ってやるから―――」
「いい!西門さんはそこにいて!」
 恥ずかしくて胸を押さえながら必死でそこまで行き―――
 ようやくそれに追いつき、手を伸ばそうとした時だった。
 一足早く、それを拾い上げる手が。
「―――すげ、いいもん見た」
 そう言ってこっちを見てにっこりと微笑んだのは―――

 「花沢類!」
 胸を隠すのも忘れ、呆然と立ち尽くすあたし。
「おい!」
 西門さんが、ばしゃばしゃと水音を立てながらこちらへ向かって来ていた・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 やっぱりここでは類くん登場でしょ。
 ただのラブラブじゃ、総つくらしくないもんね。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説

Summer vacation 2 vol.2 ~花より男子・総つく~

Category : Summer vacation ~花より男子・総つく~
 「何やってんだよ、おまえ!!」
 西門さんの声にはっとして我に返る。

 目の前には花沢類。
 そしてその手には、あたしの水着―――

 ―――そうだ!

 あたしは慌てて胸元を隠そうとして―――

 突然、後ろから西門さんの両手があたしの胸に延びてきたのを見て目を丸くする。

 「きゃあ―――――っ!!」

 青空の下、広い海で―――
 あたしの叫び声が響き渡ったのだった・・・・・


 「どうしてくれるんだよ」
 西門さんがバルコニーの手摺にもたれ、類を睨みつける。
 類は相変わらずにこにこと楽しそうに笑っている。
「笑ってんなよ、お前のせいでこうなってんだぞ」
「恥ずかしがってるだけでしょ、牧野は。俺は別にいいけど」
「俺がよくないっつーの!大体、なんでお前がここにいるんだよ!」

 2人のやり取りを、少し離れた場所で手すりにもたれあたしは聞いていた。

 セミヌードを花沢類に見られ、後ろから西門さんに胸をつかまれ―――

 恥ずかしいやら腹が立つやら―――

 とにかく、2人の顔をまともに見ることができなかった。

 「だって、ここ俺んちの別荘だし」
 しれっとそう言う類に、西門さんはますますいきり立って。
「2人で行ってくればって言ったじゃねえか!」
「俺が行かないとは言ってない」
「だからなんで!」
「楽しそうだったから」
 そう言って微笑む類に、西門さんは呆れるばかりで―――
「―――楽しそうって!」
「それに、牧野がいない日本なんてつまらないし。俺も牧野と一緒に旅行したいから」
 その言葉に、西門さんの眉がぴくりとつりあがった。
「てめ―――最初からそのつもりだったのか」
「さあね。でも、楽しければいいじゃん。せっかくここまで来たんだし」
「って、お前が言うな!」
「お腹すいた。何か食べものある?」
 カッカする西門さんを無視し、部屋の中に入っていく類。

 大きな冷蔵庫を開け―――
「う~ん・・・・・大したものないな。俺、何か買ってくるよ」
 そう言うと、そのまま玄関の方へ行ってしまったのだった・・・・・。

 「―――おい、いつまで拗ねてんだよ」
 西門さんの声に、あたしはちらりと視線をそちらに向けた。
「言っとくけど、あの場ではああするしかなかったんだからな。あれ以上類にお前のあんな姿見せるわけにいかねえんだから」
「それは・・・・・でも、何もあんなやり方じゃなくても・・・・・」
「何も持ってなかったんだからしょうがねえだろ。大体、お前がアホ面してぼーっとしてんのが悪いんだろうが!」
「アホ面って何よ!」
「その面のことだよ!他の男に裸見せてんじゃねえよ!」
「見せたくって見せたんじゃないわよ!」
「少しは隠せっつーの!」
「しょうがないじゃない!びっくりしちゃったんだもん!まさか花沢類がいるなんて思わなくて―――」
 思い出しただけでも、顔から火が出そうだった。

 ぷいと再び西門さんから顔をそらし、真っ赤になったまま海の方を向く。

 そろそろ日が暮れてくるころで、海はオレンジ色に染まりかけていた。

 「―――明日、新しい水着買いに行こう」
 いつの間にか、すぐ後ろに西門さんが立っていた。
「水着・・・・・?」
「あんなの、類の前で着せらんねえ。大体、また紐が取れたら困るだろ」
 後ろから腰に手を回され抱きしめられるような格好になり、西門さんの息遣いを耳元に感じてあたしの胸がどきどきとうるさくなる。
「ここまで来て―――喧嘩はやめようぜ」
 耳元で響く甘い声。
 あたしは小さく頷いた。
「どうせ類のやつはすぐ寝ちまうだろうし―――今夜は、覚悟しとけよ?」
「な―――」
 身を捩ろうとして。
 逆にその体をくるりと振り向かされ、あっという間に唇を奪われてしまう。

 情熱的な、すべてを奪いつくすような口付けに酔い、そのまま体の力が抜けそうになった頃―――

 「おい、そのままそこでやるなよ?」
 
 突然甘い雰囲気をぶち壊したその声に。

 あたしたちは弾かれたように体を離し―――

 目の前の人物を見て、目を丸くした。
「あきら!?」
 美作さんはあたしたちを見てにやりと笑うと、こう言ったのだった。
「よお、お2人さん。お招きありがとうな」

 そしてその瞬間。
 不敵に笑う花沢類の顔が、あたしたちの頭の中に浮かんだのだった・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 季節はずれな夏休みネタですいません。
 題名が題名なので、やっぱりこれしかなくて。
 さて、あきらが仲間はずれはかわいそうなので、招待しちゃいました。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説

Summer vacation 2 vol.3 ~花より男子・総つく~

Category : Summer vacation ~花より男子・総つく~
 「招いたのは俺じゃねえぞ」
 勝手にコテージの中のバーラウンジでカクテルなんて作り始めた美作さんに、西門さんが渋い顔で言った。
「だろうな。航空券くれたのは類だし、空港まで一緒だったからな」
 しれっと言われ、あたしたちは同時にがくっと肩を落とす。
「空港まで―――って、じゃあそのあとは?類の方が先に来たよな」
 西門さんの言葉に、美作さんはにやりと笑った。
「日本土産を渡しにちょっとな」
「相変わらずまめなやつだな」
 諦めたように溜め息をつく西門さん。

 「ただいま」
 玄関の方で声がし、程なく類が部屋に入ってきた。
「類、お前あきらも来るならそう言っとけよ」
 西門さんの声に、類はひょいと肩をすくめた。
「言わなかったっけ?てか、そのくらい総二郎なら察してるかと思って」
「察するか!早く帰れよ、おまえたち」
「「やだね」」
 2人同時に発せられた言葉に、西門さんは再び大きな溜め息をついたのだった―――。


 「あれ、西門さんは―――」
 夜になり、4人で外のレストランで食事をした帰り、3人が行ったことがあるというバーに連れてこられた。
 その途中、あたしがトイレに立ち戻ってみるとそこには西門さんの姿だけがなかった。
「少し飲みすぎたって、外に出てるよ」
「え・・・・・」
 お酒には強いはずなのに・・・・・

 少し心配になり、あたしも外に出てみることに。

 店の奥に進むとガラス扉があり、そこを出るとバルコニーになっていて海が眺められるようになっていた。
 星空の下、グラスを片手に手すりにもたれ、愁いを帯びた表情で海を眺める西門さんは見惚れてしまうほどかっこ良く、いつもよりもセクシーに見えた。

 「―――何してるの?」
 声をかけると、ゆっくりとあたしの方を見て笑った。
「こうして見ると、海ってきれいなもんだなと思ってよ」
 近くに行くと、西門さんがあたしの手を掴み、そっと引いた。
「本当なら2人きりでムード満点の夜を過ごすはずだったのにな」
 腰に手を回し、抱き寄せながら耳元に囁く。
「―――でも、みんなと一緒でも楽しいよ?2人の旅行ならまたできるし・・・・・別に海外じゃなくたっていいし」
「―――じゃ、日本に帰ったら行こう」
「え―――どこに?」
「どこでもいい。2人きりになれるとこ。今度は絶対あいつらには邪魔させない」
 力強くそう言う西門さんに、思わずあたしは吹き出した。
「笑うなよ」
「だって」
「―――ま、いいか。ここにいるのは2人だけだし。あいつらも飲んでるときは邪魔しないだろ」
 そう言ってくるりと前を向かされる。

 真正面から、じっと見つめられる。

 いつもと違う真剣な瞳に、あたしの胸が大きく高鳴った。
「―――つくし」
 突然名前を呼ばれ、戸惑う。
「な、なに?」
「一度しか言わねえから―――ちゃんと聞けよ?」
「う、うん」
「それから、返事はO.K以外は受け付けねえからな」
「は?何言って―――」

 「つくし」

 もう一度、名前を呼ばれる。

 両手が肩に置かれ、その手に力がこもる。

 「俺と、結婚してほしい」

 吸い込まれそうなほど、きれいな瞳。

 その瞳には、あたしだけが映されていて。

 こんな時なのにあたしはその瞳に見惚れてしまっていて。

 すぐに返事が出来なかった。

 「―――つくし?返事は?」
 再び名前を聞かれ、あたしははっと我に返る。
「あ―――」
「あ―――じゃねえよ。話、聞いてたか?」
「き、聞いてたよ。あの―――だって、O.K以外は受け付けないんでしょ?」
 恥ずかしくって、わざと強気な言い方をしてしまう。
 そんなあたしを呆れたように見つめて。
「それでも、お前の口からちゃんと聞きたいの。―――答えてくれよ」
 切なげな声。
 あたしは、自然に頷いていた。
「あたしで、いいの・・・・・?」
「お前じゃなきゃ、だめだ」
 ふわりと、抱きしめられる。

 満天の星が、滲んで見えた。

 「ずっと、一緒にいよう。来年も、再来年も―――おれのそばにいてくれ」

 「―――はい」

 自然に唇が重なる。

 何度も何度も繰り返しキスをして。

 今ここがどこなのかも忘れそうになった時―――

 『パンッ!パパンッ!!』

 突然爆竹が弾ける音に、あたしたちは仰天して飛びあがった。
「きゃあっ!?」
「なんだ!?」

 「おめでとう!!」

 扉を開けて立っていたのは、美作さんと花沢類―――。

 そして満面の笑みの花沢類が、手にしていた特大のクラッカーのひもを引き―――

 『バンッ!!!』

 という強烈な音とともに色とりどりの紙吹雪が舞いあがったのだった・・・・・。

 「―――ムードだいなし」

 がっくりと肩を落とす西門さんを見て。
 それでもなんだかうれしくて、あたしは笑っていた。

 明日からもきっと賑やかな旅になるんだろうと、半分うんざり、半分わくわくしながら――――


                          fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つくしが誰と結婚しても、きっと平穏な日々はないんだろうなあと。
 そんなことを考えてしまいました。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説