FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

いつも一緒に vol.1 ~花より男子・あきつく~

Category : いつも一緒に ~花より男子・あきつく~
 「で?類と2人でいるところを総二郎に見られて、総二郎に怒られたと」
 美作さんが、半ば呆れたように言う。
「怒られたっていうか・・・・・オーラがね、怖いんだよあの人。笑いながら青筋立ててるみたいな」
 あたしの言葉に、ぷっと吹き出す。
「あーわかるわかる。あいつってそうかもな。あいつ自分が惚れられることのが多いから、お前が自分に惚れないってことがまず頭に来るんだろうな。マジで口説いてんのに」
「笑い事じゃないよ。それで、花沢類は相変わらずだし。西門さんの前で平気でキスしてきたりするから、余計に怒らせてるのに・・・・・あれってわざとかな?」
「さあな。あいつもお前に関しちゃ感情的になるとこあるし。外野は見てておもろいけどな」
 肩をすくめて気のない様子でそう言う美作さん。
 なんとなく、その様子が憎たらしかった・・・・・。


 道明寺がN.Yへ行き、結局別れることを選択したあたしたち。

 最近になって、滋さんと婚約したと聞いた。

 ショックじゃなかったと言えば嘘になるけど、今は素直に2人を祝福したい気持ちのほうが大きかった。
 2人とも、あたしにとっては大事な人たちだから……。

 あたしの身の回りにも変化があり、高校を卒業したあたしのそばにはいつも花沢類がいて、そこへいつの間にか西門さんまで加わるようになった。
 2人の思いはうれしいのだけれど、あたしはどちらも選ぶことができなかった。
 2人とも、大事な仲間。
 失いたくはないけれど、それと恋愛感情は違うような気がして・・・・・

 そんなあたしが最近通っているのがここ、美作さんの家だった。

 上流階級には違いないけれど、他の家のような堅苦しさはなくて、かわいい双子の妹さんとおしゃべりしたり、可愛い美作さんのお母さんの手作りお菓子をいただいたり。
 賑やかであったかいこの家の雰囲気が好きだった。
 それでいてどこか現実離れしているこの家が、殺伐とした現実を忘れさせてくれていた。

 そしてそんなあたしをいつも呆れながらも温かく見守ってくれる人、美作あきら。
 ちょっと前に年上のマダムと別れたとかで、最近は家にいることが多かった。
 だから自然に、美作さんと2人でいることも多くなって・・・・・
 大人な彼といるのは何となく安心できた。
 何でも話せる人。
 そう思ってたんだけど・・・・・。
 
 『もう1人妹ができたみたいだな』

 美作さんが何気なくそう言った言葉が、なぜかあたしの胸を締め付けた。

 お兄ちゃんがいたらこんな感じ?

 そりゃあこんな兄弟がいたら理想だけど。

 ふと、弟の進の姿が脳裏に浮かぶ。

 やっぱり違う。

 とてもそんなふうには思えない。

 あたしは、美作さんのことが・・・・・

 「牧野?どうした?」
 美作さんの声にはっとする。
「な、何でもない」
「顔、赤いぞ。熱があるんじゃねえのか?」 
 スッと、美作さんのきれいな手があたしの額に触れた。

 ドキンと心臓が高鳴り、顔が熱くなる。
「やっぱり、ちょっと熱いんじゃねえか?ベッド貸してやるから少し横になれば」
「え、でも・・・・・」
「それとももう帰るか?それなら送ってくけど」
 反射的に首を横に振っていた。

 ―――まだ、離れたくない・・・・・


 連れて行かれたのは客間の1つだった。

 高級ホテル並にきれいなその部屋の、天蓋付きのベッドにちょっと躊躇する。

 「横になってろよ。あとで起こしに来てやるから」
 そう言って部屋を出て行こうとする美作さんの腕を、思わず引っ張る。
「行っちゃうの?」
「は?」
 目を丸くしてあたしを見る美作さんに、あたしは慌てて手を離した。
「あ、その―――この部屋広すぎて、1人じゃちょっと心細いかなって」
「何しおらしいこと言ってんだよ。そんな玉じゃねえだろ?」
 こつんと頭を小突かれ、ふらりとよろける。
「ほら、とりあえず寝てろよ、いいな」
「・・・・・うん」
 素直に頷き、ベッドに向かう。
 あたしが横になったのを見届けると、美作さんはちょっと笑って見せ、部屋を出て行ってしまった・・・・・。

 布団を引き上げ、ギュッと目を閉じる。
 
 美作さんは、あたしのことをただの友達としてしか見ていない。

 そんな当たり前の現実が、無性に悲しかった。

 何も考えたくなくて―――

 いつの間にか、あたしは眠りに落ちていた・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 総つくを書いていたら、無性にあきつくが書きたくなってしまいました。
 短めで終わると思いますが、次回に続きます♪

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



いつも一緒に vol.2 ~花より男子・あきつく~

Category : いつも一緒に ~花より男子・あきつく~
 右腕に微かな重みを感じ、目を覚ます。

 横になるだけのつもりが、いつの間にか本当に眠ってしまっていた。

 ゆっくりと頭を巡らし、ベッドに突っ伏すようにして寝ているその人物を目に入れ、あたしは思わずがばっと体を起こした。

 あたしの右腕にちょうど頭を乗せるようにして寝ていた美作さん。

 あたしが体を起こすと、その瞼を開いた。

 「ん・・・・・なんだ、起きたのか?」
 目をこすりつつ体を起こす美作さん。
 あたしはドキドキと早鐘を打つ胸を押さえるように、布団を引っ張り上げた。
「な・・・・・なんで美作さんがここで寝てんの?」
「なんでって・・・・・。お前が、1人じゃ心細いって言ってたから」
「ずっと・・・・・ついててくれたの?」
「ああ。寝ちまったけどな。安心しろ、何もしてねえから」
 にやりと笑ってあたしを見る目は、ちょっと意地悪で。
 それが余計にあたしの胸を締め付ける。
「どうせ・・・・・」
「は?」
「どうせ、あたしなんか相手に変な気なんか起きないって言うんでしょ?美作さんは」
 あたしの言葉に、美作さんが目を丸くする。
「何言ってんだよ?」
「美作さんにとっては、あたしなんか女じゃないもんね」

 なんでだかわからない。

 急に熱いものが胸に込み上げてきて、止めることができなかった。

 布団を握る手に、ギュッと力を込める。
「あたしがすぐ傍で寝てたって、何も感じないんでしょ?妹みたいだって、そう言ってたし。でも、あたしは美作さんのことお兄ちゃんみたいだなんて思ったこと一度もない。あたしは―――」
「おい、牧野?」
「あたしは―――美作さんが、好きなのに―――」

 気付いたら、涙が頬を伝っていた。

 美作さんが、驚いた顔であたしを見てる。

 「お前・・・・・だって、お前には総二郎と類が・・・・・」
 戸惑ったように美作さんが言うのに、あたしは首を横に振る。
「あの2人のことは、友達以上には思えないの。すごく大事な人たちだけど・・・・・。あたしは、美作さんが好きなの」
 じっとあたしを見つめる美作さん。
 どうやって断ろうか考えているみたいで、なんだか胸が苦しくなる。
「・・・・・ごめん、急に。美作さんがあたしのことそんな風に見てないってわかってるのに―――」
「なんで?」
「え?」
「なんでそうやって決めつける?俺がお前を女として見てないって、誰が言った?」
 あたしは驚いて美作さんの顔を見た。
「だって・・・・・」
「お前が、あの2人に挟まれて困ってるみたいだったから」
 なんとなくバツが悪そうに顔をしかめる美作さん。
「言えないだろ、俺も牧野が好きだなんて」

 言われた言葉が信じられなくて。

 ぽかんと、馬鹿みたいに口を開けていた。

 「ずっと・・・・・好きだったよ、おれだって。でも、お前を困らせたくなかった。お前が俺のとこに来て安心するんならおれはそれでいいと思ったんだ。お前の兄貴役でいいって。まさか―――おまえがそんな風に思っててくれてたなんて知らなかった。ごめんな、俺が言った言葉で傷つけて」
 優しく、あたしの頭をなでる美作さんの温かい手。

 涙が、止まらなかった。

 「泣くなよ・・・・・。お前の涙には、弱いんだ」
 困ったように苦笑する美作さん。
 あたしは慌てて手の甲で涙を拭った。
「ごめ・・・・・だって、うれしくて・・・・・」
 そんなあたしを見つめる瞳が、甘く潤む。
「俺も・・・・・うれしいよ」

 そっと、頬に添えられる掌。

 ドキッとして顔を上げれば、すぐ間近に美作さんのきれいな顔。

 心臓の音が、聞こえちゃうんじゃないかと思うくらいあたしは緊張してしまって。

 そんなあたしを優しく包み込むように、美作さんの手が優しくあたしの髪をなで、唇が重ねられた。

 優しく、甘く。

 何度も繰り返されるキスに、酔いしれそうになった時―――

 「お前ら、何してんだよ!?」
 突然割って入ってきた声に驚き、美作さんから離れようとして、逆に抱き寄せられてしまった。

 部屋の入り口を見ると、そこにはいつの間にか入ってきていた西門さんと花沢類。
「あきら、これどういうこと?」
 2人の鋭い視線が突き刺さる。
 だけど美作さんは相変わらず落ち着いていて。
「どういうことって、こういうことだよ」
 そう言って肩をすくめる。
「俺も、牧野に惚れてる」
「んなことは知ってる。だから、牧野が最近お前の家に入り浸ってるって聞いて心配で」
「牧野も俺が好き。おれたちは晴れて恋人同士ってわけだ」
 にやりと不敵な笑みを浮かべる美作さんに、西門さんは体をわなわなと震わせ、花沢類は眉間に皺を寄せ、あたしたちを睨みつけた。
「ふざけんなよ!」
「俺たちはいたって真剣だぜ?なあ、牧野」
 その言葉にあたしは頷き―――
 そろそろとベッドから離れようとする美作さんの動きに合わせ、ゆっくりとベッドを下りる。
「ずっと自分の気持ちかくして牧野の兄貴役気取ってたくせに、いまさら―――」

 あたしがベッドから降りたと見ると、美作さんは突然あたしの手を握ったまま全速力で走りだした。

 呆気にとられている2人の横をすり抜け、廊下を駆けていく。

 「おい!待てよ!」
 「牧野!!」

 「悪いな、後で埋め合わせはしてやるよ!こいつだけは、譲れねえんだ!」
 晴れやかな笑顔とともに響き渡る美作さんの声。

 うれしくて。

 知らずに、笑顔が浮かんでた。

 「ごめん!あたし―――美作さんが大好きなの!」
 そう2人に向かって叫び。

 そのまま2人、光の煌く夜の街へと駆けて行ったのだった・・・・・。


                               fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日はUPが遅くなりました。
 ちょっと連休中はお休みすることもあるかもしれませんのでご了承を・・・・・

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説