FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

あなたのとなりで vol.1 ~花より男子・総つく~

Category : あなたのとなりで ~花より男子・総つく~
 *このお話は「まどろみ」の続きになります。

 「婚約解消?」
 美作さんが目を丸くした。
「どういうこと?」
 花沢類も驚いたようにあたしの顔を見た。
「あたしだって、知らないよ!結局あたしなんかとは結婚できないってことじゃないの?」
 あたしはソファーに座ると、目の前に出された熱い紅茶をぐっと飲み込み、その熱さに目を白黒させた。
「落ちつけよ。一体何があったんだ?もう来週だったろ?祝言は。いまさら婚約解消ってなんだよ」
「―――本当に、あたしにもわからないの。今朝西門さんの家に行ったら、家の前でお義母さんが待ってて・・・・・この結婚はなかったことにしてほしいって、そう言われて・・・・・」
「総二郎には?会ってないの?」
 類の言葉に、あたしは頷いた。
「お義母さんにそう言われて、家の中に入ることもできなくて。とにかく、わけわかんないの」

 大学を卒業して、西門さんと付き合い始めてから5年。

 ようやく向こうの両親にも認めてもらい、来週には結婚するはずだった。

 また、あたしが何か怒らせるようなことをしてしまったのかとも思ったけれど。

 いくら考えても思い当たる節がないのだ。

 いったいどうして―――

 その時、あたしのバッグの中から携帯の着信音が鳴り響いた。
「総二郎じゃねえのか?」
 美作さんが取り出した携帯を覗き込んでくる。
「あ・・・・・そうみたい」
「ここに呼べば?」
「え・・・・・」
「そうだな。俺たちも総二郎の話を聞きたいし」
 2人に促され、あたしは電話に出た。
「―――もしもし」
『牧野か?今どこにいる?』
「・・・・・美作さんの家。花沢類もいる・・・・・」
『わかった、今から行くから、動くなよ』
 そう言ったかと思うと、あたしの返事も待たずに電話は切れてしまった・・・・・。


 「勘違いなんだよ」
 来るなり、西門さんはソファーにどっかりと身を沈め、そう切り出した。
「勘違い?」
「ああ。勘違いっつーか・・・・・丈三のやつが」
 丈三(たけみ)、というのは西門さんの4つ年下の弟のことだ。
 西門さんに似て、というか、西門家の血筋なのか、とにかくとんでもない遊び人で会うたびに違う彼女を連れているのだから、まるで昔の西門さんを見ているようだといつも思っていたけれど。
「丈三君がどうかした?」
「夕べ、彼女を家に泊めたらしいんだ。おれも気づかなかったけど、こっそり自分の部屋に上げてた」
 その言葉に美作さんが「やるな」と口笛を吹いた。
「で、その彼女が夜中にトイレに起きて―――何を寝ぼけたのか間違えて俺の部屋に入ってきたんだ」
「部屋に―――って」
 と、西門さんが慌てたように手を振る。
「言っとくけど俺は何もしてねえからな!大体、丈三のやつが俺をたたき起こすまで部屋にいたことも気づかなかったんだから」
「本当に気付かなかったの?」
 類が聞くと、西門さんは肩をすくめた。
「熟睡してたんだよ。ここのところ結婚準備で忙しかったし」
 そう言って溜め息をつく西門さんを、さすがに責める気にはなれなかった。
「で・・・・・気付いたらおれの隣でその彼女が熟睡してて。丈三のやつは呆れてただけだけど、問題はお袋だ。祝言のことで話があったとかで朝っぱらから勝手に俺の部屋に入ってきて、その彼女と俺がベッドにいるとこ見つけちまって」

 その時の光景が目に浮かび、思わずあたしたちは顔を見合わせた。

 「早合点したお袋がおれの女遊びが再発したっつって、これじゃあお前と結婚させるわけにいかねえって、勝手にお前に婚約解消だなんて言ったんだよ」
「なるほどね。で、その誤解は解けたわけ?」
 美作さんの言葉に西門さんが頷いた。
「その彼女が、部屋間違えたって。丈三も正直に白状したし。お前に謝りたいって」
「別に、そういう間違いだったならいいけど・・・・・」

 まさか結婚する1週間前に浮気なんかするわけない。
 いくらあの西門さんだって・・・・・
 そうは思っても、どこか釈然としなかった。

 そんな気持ちが顔に出てたのかもしれない。
「おい―――まさかお前、俺のこと疑ってるんじゃねえだろうな」
 西門さんが眉を顰める。
「そうじゃないけど・・・・・。なんで一緒に寝てるのに気づかないの?」

 部屋に入ってきたのに気づかなかった。

 それは納得したけれど。
 
 ベッドに入ってきたのに、気づかないことなんてある?

 ついつい疑いの目を向けてしまうのも、いたしかたない気がするのはあたしだけだろうか・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いつも総二郎のやきもちばかりなので、たまには逆も・・・・・・
 でも、このままでは終わりませんよ~

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



あなたのとなりで vol.2 ~花より男子・総つく~

Category : あなたのとなりで ~花より男子・総つく~
 なんとなく気まずい空気のまま、それでも来週の祝言に向けての準備のために、西門邸へ向かったあたしたち。


 家に着くと、お義母さんがあたしに頭を下げた。
「本当にごめんなさいね、私の早合点で・・・・・。こんな家だけど、お嫁さんに来てくれるかしら?」
「そんな、頭を上げてください!全然気にしてませんから―――」
 そんなやり取りを、お義母さんの後ろでおかしそうに笑って見ていたのが丈三君だ。
「丈三さん、あなたも総二郎さんやつくしさんにお謝りなさい」
 きっとお義母さんに睨まれ、丈三君はひょいと肩をすくめた。
「はいはい。悪かったよ。まさか彼女が兄貴のベッドに潜り込むなんて大胆なことすると思ってなかったんだよ。まあでも、兄貴まで寝ぼけてつくしさんと間違える、なんてことにならなくてよかったじゃん」
 そう言って悪びれもせずにやりと笑う。
「丈三さん!」
 お義母さんの言葉に、「おおこわ」と首をすぼめ、そのまま自分の部屋へと戻っていく丈三君。
 その飄々とした様子に、あたしと西門さんも溜め息をつくしかなかった・・・・・。

 
 その日は、式の時に着る衣装合わせなど最終的な打ち合わせを進めた。
 もう決まっていることがほとんどなので、あとは細かいことばかり、話し合いで決められていくのを聞いていることのほうが多かった。

 「ちょっと、トイレに」
 そう言って席を立ち、あたしは1人部屋を出た。
 もうだいぶ慣れてはきたけれど、それでも西門流という茶道の名門に嫁ぐということが、思った以上に大変なことなのだということを結婚が決まってからというもの毎日のように実感させられるのだった・・・・・。

 トイレを出て、少しぼーっとしながら歩いていた。
 今朝のショックも少し尾を引いていたかもしれないと思う。
 ここ数日の疲れもあったかもしれない。
 
 そんな風に言い訳しようと思えばいくらでもできるけれど。
 とにかく、気づいた時にはあたしは目の前の扉を開けていたのだ。

 「あれ?つくしさん?」
 だけどそこにいたのは西門さんでもお義母さんでもなくて。
「え?丈三君?」
 目の前のソファーで雑誌を手に寛いでいたのは西門さんの弟、丈三君だった。
「あれ?ここ、丈三君の部屋?やだ、あたし間違えちゃった?」
「ていうか・・・・・今兄貴もお袋も、居間の方にいるんだろ?つくしさん、兄貴の部屋に行こうとしてなかった?」
「あ・・・・・」

 そうだった。ついぼんやりしてて・・・・・
 やっちまったとばかりに肩を落とすあたしを見て、丈三君がクックッと喉を鳴らして笑いだす。
「おもしれー。つくしさんってかわいいよね。そういうところに兄貴も惹かれたのかな」
 丈三君の言葉に、あたしはバツが悪くなり目をそらした。
「からかわないで」
「からかってないよ。本当にかわいいと思ったんだから。けど、これでおあいこかな」
「え?」
「俺の彼女は寝ぼけて兄貴の部屋に入った。つくしさんも―――寝ぼけてはないけど、ぼんやりしてて俺の部屋に入った。ね、おんなじ。これでおあいこ。恨みっこなしだろ?」
 にやりと笑う。
 その笑顔は、人懐っこくて憎めないものがあった。
「そう・・・・・だね」
「もしかして、つくしさん、兄貴のこと疑ったりした?」
「え・・・・・?」
 ドキッとして、丈三君の顔を見上げる。
「俺の彼女と、何かあったんじゃないかって・・・・・」
「そ、そんなことないよ」
「そう?にしては、今日うちに来たときちょっと微妙な雰囲気じゃなかった?兄貴と」
 まるで何もかも見透かしているような瞳。
 そんなところまで兄弟そっくりだと思ってしまう。
「そんなこと、ないよ」
「そうかなあ?俺の彼女も何もなかったって言ってたし、大丈夫だと思うけどね。でも、ここまで来たら同じような思いを兄貴にさせてみる?」
「は?」
「たぶん、つくしさんが戻らなかったら兄貴が心配して探しに来るんじゃない?その時につくしさんが俺の部屋にいたらどんな顔するかな?」
「え・・・・・」

 その時だった。

 まるで計ったようなタイミングで、部屋の扉が音を立てて開いたのだった・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 勝手に作ってしまった総ちゃん弟。あえて、昔の総二郎風にしてみました♪

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説

あなたのとなりで vol.3 ~花より男子・総つく~

Category : あなたのとなりで ~花より男子・総つく~
 扉が開く、と思った瞬間だった。

 突然手をつかまれ、ぐいっと引き寄せられた。
「わっ!?」
 思わずよろけ、気づけば丈三君に抱きしめられているような格好に。

 「つくし?お前何して―――」
 入ってきた西門さんの動きが、ぴたりと止まる。
「丈三―――てめえどういうつもりだ」
 西門さんの凄味の利いた言葉にも、丈三君はにやにやと笑みを崩さない。
「つくしさんが今朝のこと気にしてたみたいだから、心配ないって話してただけ」
「だったら、そこまで密着する必要ねえだろ」
 そう言って、西門さんがあたしの腕をぐっと引っ張った。
「つくしに触るな」
「こえーな。言われなくっても兄貴の嫁さんに手ぇ出したりしないって。けど兄貴もよく見てた方がいいぜ。つくしさん、俺に対する警戒心ってないみたいだから。少なくとも間違って俺の部屋に入ったりすると今度は何があるかわからないぜ」
 その不敵な笑みに。
 西門さんは今にもブチ切れそうだ。
「た、丈三君!」
「つくしさんも、これでわかったでしょ?こんなにつくしさんに惚れてんのに、俺の彼女なんかに手ぇ出すわけないって」
 その言葉に、思わず頬が熱くなり・・・・・
 西門さんを見上げてみれば、こちらもなんとなくバツが悪そうな顔であたしを見つめていたのだった・・・・・。


 「ったく・・・・・丈三のやつにしてやられるとはな」
 夜、家への帰り道を2人並んで歩きながら、西門さんが溜め息とともに呟いた。
「ごめん、ついぼーっとして・・・・・あたしが部屋を間違えたから」
「それだ。あいつは俺よりも女に手ぇ早いからな、気をつけろ」
「西門さんより・・・・・って相当だね」
「お前、それどういう意味」
 じろりと睨まれ。
 思わずぶっと吹き出す。
 それを見て、西門さんも苦笑する。
「俺も、悪かった。普段ならちょっとした物音でも目が覚める方なんだけど・・・・・」
「しょうがないよ。本当に忙しいから。結婚がこんなに大変だって思わなかった」
「ああ、けど…・・それでも俺はお前と結婚できるならどんなことでもできるって思えるよ」
「西門さん・・・・・」
 そこで、ふっと息を吐く西門さん。
「お前、そろそろそれやめろよ。来週には夫婦になるのに『西門さん』って」
「あ・・・・・」
「総でいいって言ってんのに」
「だって、慣れないし・・・・・」
「これから慣れればいいだろ?丈三の事は名前で呼ぶくせに」
 見上げれば、微かに拗ねたような瞳。
「・・・・・じゃあ、今度からそうって呼べるように頑張る。その代わり、約束して?」
「なにを?」
「・・・・・浮気、しないって」
 あたしの言葉に、目を丸くする西門さん・・・・・じゃなくて、総。
「今朝のこと、すごくショックだった。結婚は大変だなって、これから先やってけるのかなってすごく不安はあったけど、それでもあたしは総と一緒なら頑張れるって、だから早く一緒になりたいって思ってたのに。やっぱりあたしじゃ認めてもらえないのかって、そう思ったら悲しくて・・・・・。それに、丈三君の彼女の話も、疑うわけじゃないけど、やっぱり嫌だよ。たとえ間違いでも・・・・・総の隣には、いつでもあたしがいたい。他の人に・・・・・その場所だけは、譲れないの。だから総も、約束して。総の隣を、あたしにとっといてくれるって」
 一気にそう言ってしまってから、あたしは総の目が見れずに俯いた。

 恥ずかしくて、顔から火が出そうだった。

 普段なら、思っていてもなかなか言えないこと。

 きっと、これから先も面と向かって言うことなんかないだろう。

 でも、結婚前の今だからこそ、言っておきたかった・・・・・。

 「こっち向けよ、つくし」
 優しい声が降ってくる。
「やだ、無理。あたし今真赤だよ」
「かまわない」
「あたしがかまうの。恥ずかしいんだから」
 
 その瞬間。
 
 繋いでいた手をぐいっと引っ張られ、あたしは転びそうになる。
「わっ、ちょっと!」
 その拍子に、パッと顔をあげると目の前には優しい笑みを浮かべた総。
「よかった」
「―――何が」
「お前も、やきもちとか妬いたりするんだと思って」
「何よそれ」
「いつも俺ばっかり妬いてる気がしてたから。ちょっとホッとした。けど、そんな心配いらねえよ。おれにはお前だけ。ずっと・・・・・・。じゃなかったら、結婚したいなんて思わない」
「うん・・・・・」
「それから、お前のこともちゃんと信じてる。だけど、お前とおんなじで、俺もお前と他の奴が一緒にいるとこは見たくねえ。だから・・・・・もう部屋間違えたりすんなよ」
 その言葉に、思わず笑みが浮かぶ。
「うん」
「約束・・・・・俺は絶対、守るから」
「うん、あたしも」

 そうして、自然に唇が重なる。

 約束のキス。

 いつでも、あなたの隣には、あたしがいられますように・・・・・


                               fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そんなわけで。あんまりどろどろした展開にはなりませんでした。
 なんとな~く、結婚後も大変そうだなあと、いう声が・・・・・。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart

オリジナル小説、始めました。こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説