FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

Fall in Love. ~花より男子・総つく~

Category : Fall in Love. ~花より男子・総つく~
 手がかじかむのを、両手をこすり合わせ、は―っと息を吐いて温める。

 そんな仕草を何十回と繰り返しているうち、すでに指の感覚もなくなって来ていた。

 それでもそこから動くことができなくて。

 あんな約束、きっと彼は忘れてる。

 だけどもしかしたらって。

 そんな期待を捨てることができなくて。


 かじかむ手でバッグの中から携帯を取り出し時間を確認する。

 ―――11時30分。

 もうすぐ、日付が変わる。

 きっと、もう来ない。

 そう思ってもう帰ろうと足を踏み出し―――

 一瞬考え、もう一度バッグを開けて、中から小さなプレゼントの包みを取り出す。

 それを門の前に置いて。

 今度こそ帰ろうと踵を返した時―――

 「牧野?」
 目の前に、派手な化粧の女の人と腕を組んで現れたのは―――西門総二郎。
「お前―――ここで何してんの?」
「だれ―?この女」
 じろりと、無遠慮にあたしを眺める女の視線を無視して、あたしは一歩彼に近づいた。
「―――メリークリスマス」
「は―――?」
「それだけ、言いにきた。ごめんね、急に。―――ばいばい」
 精いっぱいの笑顔を向けて。

 あたしは2人の横を通り抜け、足早にその場を後にした。

 あんまり寒過ぎて。

 涙も、出てこなかった―――。


 ―――『クリスマスに、一緒に過ごすやつがいなくて寂しいんだったら、俺が一緒にしてやるよ』

 そう言われたのは、1ヶ月前。
 仕事帰り、偶然会った西門さんと近くのバーで飲むことになって。
「お前、今1人?彼氏くらい作れよ。もうすぐクリスマスだぜ?」
「別に、平気。どうせ仕事忙しくってクリスマスどころじゃないし」
「色気ねえなあ。司と別れて、類もフランス行っちまって―――寂しいんじゃねえの?」
 そう言ってあたしの顔を覗き込む西門さんの目は、冷やかすようで、その奥に優しい光が潜んでた。
「―――1人なんて、いつものことだし」
「そんなのに慣れるわけねえだろ?寂しいときは寂しいって言えよ。こんないい男が傍にいてやるって言ってんのに」
「何言ってんのよ、そんな風にたくさんの彼女に同じこと言って、西門さんの体はいくつあんの」
 なんだかドキドキして、そんな憎まれ口をきくあたしに。
 西門さんは、楽しそうに笑った。
「女の数だけ、増えりゃあいいのにな。けど、俺は約束は守るぜ。―――クリスマスに、一緒に過ごすやつがいなくて寂しいんだったら、俺が一緒にしてやるよ」

 西門さんと2人でいて、こんなに甘い雰囲気になることがあるなんて思わなかった。

 自然に寄り添って。

 帰り際に抱きしめられて、優しいキスをされた。

 「―――約束、忘れんなよ。待ってるから―――」

 そう耳元に甘い約束を囁いて。

 だけど、その約束を忘れたのは彼の方だった―――。

 
 零れそうになる涙を止めようと、暗い空を見上げた。

 「―――何してんだよ、お前」

 突然背中を温かいぬくもりに包まれた。
「―――なんで―――」
「それはこっちのセリフ―――。あれからずっと、連絡寄越さなかったくせに―――さすがの俺も振られたって思うだろうが」
「だって―――本気であんなこと言われると思わなくて―――でも、気になって―――気がついたら足が向かってたんだもん―――」

 そう言った瞬間、くるりと体の向きを変えられて、正面を向かされる。
 一瞬目に入った西門さんのその瞳を見つめる間もなく、唇が重ねられて。

 唇から、そのぬくもりが伝わってくる。

 「―――こんなに冷えて。俺に手袋なんて買う前に、自分の手袋買えよ」
 西門さんの手には、あたしが門の前に置いてきたプレゼントの黒い手袋―――。
「自分の買いに行ったんだよ。でも、気がついたら―――西門さんに似合いそうなの、探してた」
「ばかだな」
「何よ―――いらないんだったら返して」
 強がってそう言うあたしに。
「んなこと言ってねえ。だいたい、お前がこれ持っててどうすんだよ。メンズの手袋なんて」
「他の人にあげるもん」

 その瞬間、体を離され―――
 じろりと冷たい視線。
「誰に」
「誰って―――」
「ここまで来て、他に男がいるとか、ふざけんなよ?」
 ぐいと掴まれた手が、痛かった。
「―――そんな人、いない」
「当然。いまさら、他の奴にやる気はねえからな」
 そう言って不敵に笑う西門さんが、ちょっと憎たらしくて。
「何よ―――自分だって、彼女と会ってたくせに」
「あれは彼女なんかじゃねえよ。クラブで会って、ここまで勝手にくっついてきただけ」
「クラブって―――1人で?」
「ああ。クリスマスの誘いは、全部断ってたからな。誰かさんからの連絡待って―――当日、もう8時過ぎたらさすがに無理だと思って、クリスマスパーティーやるから来いって言われてたクラブに顔出して。すげえ盛り上がってたけど全然面白くなくて、もう帰ろうと思ったら酔っぱらった女に絡まれて―――心配しなくても、家に入れるつもりなんかなかったよ。ここまできたらタクシー呼んで帰らせるつもりだった」
「し、心配なんか―――やっぱりって思ったし」
「あほか。お前、俺の話聞いてたか?俺は、ずっとお前からの連絡待ってたんだよ」
 急に真剣な顔で言うから、あたしは思わず後ずさる。
「だって―――西門さんだって言ってたじゃない。彼氏作れって」
「ああ言ったよ。けど―――気になってしょうがなかった。お前から連絡してくるのを、期待してる俺がいて。だから、今日どれだけ俺ががっかりしたか―――本気で、お前に惚れちまったんだって、嫌ってほど思い知らされたよ」
 そっと頬に触れる掌は、優しくて、あったかくて。

 あたしの頬を、涙が伝い、西門さんの手を濡らした。

 「お前が、好きだ。つきあってほしい」

 まっすぐな瞳にとらえられて、あたしは身動きもできなかった。

 「なんか、言えよ」

 照れくさそうにあたしのおでこを小突く西門さん。

 あたしは、その瞬間思いっきり背伸びして。
 
 背の高い彼の首に手を回して。

 精いっぱいの気持ちを伝えた―――。

 「―――メリークリスマス―――大好きだよっ!」


                      fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 総二郎編でした♪
 やっぱり総つくはこんな感じ?
 意地っ張り同士のクリスマスです。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト