FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

2010 Valentine ~花より男子・あきつく~

Category : 2010 Valentine ~花より男子~
 予想してなかったわけじゃないけど。

 近づくこともできないなんて!

 今日はバレンタインデー。

 昨日から頑張って手作りしたチョコレートを、早速美作さんに渡そうと思ってカフェテリアに来たっていうのに。

 いつもの場所には、4人の姿が見えないほどの人だかりができていて、それぞれの前には女の子たちが列をなしていた―――。

 ―――どうしよう。

 まさか並んでる女の子たちを押しのけて、美作さんの所まで行くというわけにもいかない。

 溜息をつき、その場を後にする。

 とぼとぼと廊下を歩きながら―――

 ―――今日中にこれ、渡せるのかな。

 なんて不安に襲われていたら。

 後ろから伸びてきたきれいな手が、ひょいと持っていた包みを取り上げた。
「あ!!」
 慌てて振り向くと、そこにはさっきまで女の子たちに囲まれていた美作さん―――
「黙ってどこ行く気だよ」
 じろりと横目で睨まれ―――
「だって・・・・・あんなに人がいるのに」
「関係ねえだろ?お前は俺の彼女なんだから、もっと堂々としてろよ」
「そんなこと言われたって―――あとで恨み言言われるのはあたしなんだから」
 つい拗ねてそう言うと、美作さんはくすりと笑い、あたしの頭を撫でた。

 いつもの優しい手。

 あたしの大好きな―――

 「そうしたら、俺が慰めてやるよ。―――で?この中身ってもしかしてチョコレート?」
 ニヤニヤしながらあたしの顔を覗き込んでくる美作さんに、あたしはつい顔をそむける。
「な、なによ、もうどうせたくさんもらったんでしょ?あたしのなんて―――」
「バーカ」
「な―――」
「どんなにたくさんもらったって、お前以外の女からのチョコレートなんて意味ねえだろ。俺が欲しいのはこれだけ」
 にっこりと、満面の笑み。

 ―――ずるいよ。

 普段大人なくせに、こういうときだけ少年みたいな笑顔見せて。

 それが、あたしの前でだけなんて。

 ヤキモチ妬いてた気持ちなんて、どこかに行ってしまう。

 ただ嬉しくて―――

 「―――一生懸命作ったんだからね」
「うん、知ってる」
「大事に食べてくれなきゃ、許さないんだから」
「もちろん」
「それから―――」
「まだなんかあんの」

 首を傾げる美作さんの。

 その肩に手をかけ、ぐいと引き寄せる。

 「お」

 その耳元に、小さな声で。

 「―――大好き、だよ」

 そう告げれば―――

 彼が、嬉しそうに微笑んだ。

 少年のような笑顔で―――


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 見ていないようで、いつも見守っててくれそうなあきら。
 きっとその彼女は幸せなはず。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



2010 Valentine ~花より男子・つかつく~

Category : 2010 Valentine ~花より男子~
 「何これ」

 道明寺邸の前で、あたしは思わず固まってしまった。

 道明寺が久しぶりに帰ってくると知ったのは、TVの報道だった。

 『あの時点ではまだ確定じゃなかったんだよ。期待させるようなこと言わねえほうがいいと思ってよ』

 なんて言っていたけれど。

 きっとあたしを驚かせたかったんだろうなって、ちょっとくすぐったい気持ちにもなったのに。

 今日は2月14日。

 バレンタインデーだからということもあって、道明寺邸の前にはマスコミに混ざって若い女の子たちが大勢集まっていたのだ。

 「どうすんのよこれ。近づけやしない・・・・・」
 そう1人呟いた時。
「つくし!こっちだよ!」
 その声とともにグイっと腕を引っ張られ―――

 「先輩!」
 あたしの腕を取りずんずんと力強く歩いているのはたま先輩だった。
「こんなとこで何ぼーっと突っ立ってんだい!司坊ちゃんがお待ちかねだよ!」
 振り向き様に、にやりと笑う。
 そんなたま先輩が、まるで勇者のように頼もしく見えてしまった・・・・・。


 「よお」
 道明寺の部屋に入ると、うんざりしたような表情でソファーに横になってる奴がいた。
「ったく、騒がしくてかなわねえ、あいつら。人んちの前陣取りやがって」
「―――ずっとああなの?」
「ああ。悪かったな、迎えに行けなくて。帰ってきたらすぐに行こうと思ってたんだけどよ・・・・」
「そんなの、いいけど。なんか疲れてるみたいだし。ちゃんと休んでるの?」
 なんとなく、顔色が悪く見えるのが気になった。
 無理してるんじゃないだろうか。
「ちょっとした時差ボケだよ。こんなもんなんでもねえ。それより、どっか行こうぜ。ここでぼーっとしててもつまんねえだろ」
「行くってどこに?」
 どこに行ったって、注目を集めてしまうのは目に見えてる。
 たとえ変装してたって、道明寺が目立ってしまうのはいつものことで―――。
「だってお前、せっかく久しぶりに会えたってのにずっとこんなとこにいたって―――」

 そう言った時だった。

 ソファーから立ちあがった道明寺の体が、ゆらりと揺れた。

 「―――!道明寺!」
 慌ててその体を支えようと道明寺に駆け寄る。
「―――大丈夫だ、わりい」
 でもその顔色は青白くて。
 とても大丈夫そうには見えなかった。
「大丈夫なわけないでしょ!いいからあんたはそこに寝て!あたしは何か飲み物でも―――」
 そう言って道明寺をソファーに押し付け、そのまま行こうとしたけれど。

 そんなあたしの腕を、道明寺がぐっと掴んだ。

 「―――行くな」
 まっすぐにあたしを見つめる瞳が切なげで。
 あたしは思わずその動きを止めた。
「少し、疲れてるだけだ。寝てりゃあ治る」
「でも―――」
「いいから。頼むから―――そばにいてくれ」
「道明寺―――」

 握られた手に、力がこもる。

 「――らしくないこと、言わないでよ」
 あたしはソファーの横に座り、道明寺の顔を覗き込んだ。
「いつも憎たらしいことばっかり言ってるくせに―――調子狂うじゃん」
「そう言うな。ここんとこ忙しくて―――寝不足だったんだ」
「無理しないで、向こうにいた方が良かったんじゃないの?」
 あたしの言葉に、道明寺はなぜかちょっと頬を染め、拗ねたようにあたしを見た。
「―――そんなことしたら、また類のやつに先越されるからな」
「花沢類?先越されるって、何が?」
 意味が解らなくて首を傾げると、ばつが悪そうに眼をそらす道明寺。
「ちょっと―――」
「今日、バレンタインデーだろうが」
「―――そうだけど」
「類にも―――やるんじゃねえのか、友チョコ、とか言うの」

 ―――そんな事、考えてたの?

 だから、疲れてるのに無理して帰国して―――

 呆れて、言葉も出ない。

 だけど、あたしの胸にはジワリと嬉しい気持ちが広がってきて。

 あたしは、道明寺のその強いくせ毛に手を伸ばし、ぎゅっと引っ張った。
「いてっ!てめ、なにす―――」

 振り向いた瞬間に、唇を重ねる。

 驚いて、目を見開く道明寺。

 すぐに唇を離したあたしの顔は、きっと真っ赤だと思う。

 「友チョコには、感謝の気持ちがこもってるの。いつもありがとうって・・・・・。でも、あんたには感謝なんかしてないんだから」
 その言葉に、道明寺がむっと顰める。
「けど―――これをあげるのはあんたにだけ」
 そう言ってあたしは自分のバッグから、銀色の包装紙に包まれたチョコレートを出した。

 昨日、優紀からレシピを教わりながら作ったフォンダンショコラ。

 たくさんの失敗作は家族に残してきた。

 これは、世界に1つ。

 あたしの愛情がこもってるんだから―――

 「心配しなくたって―――これをあげるのは、あんただけだよ」

 その言葉に道明寺は恥ずかしそうに咳払いして。

 でもそれを受け取ると、嬉しそうに、まるで子供のように笑った。

 「しょうがねえから、受け取ってやるよ」

 憎たらしいんだから。

 でも―――

 「―――愛してる」

 その言葉と、やさしいキスに免じて―――

 許してあげる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 大人になっても、この2人には変わらないでいてほしいなあ。
 妙に大人になってしまうと、うまくいかない気がするんだけど。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




2010 Valentine ~花より男子・総つく~

Category : 2010 Valentine ~花より男子~
 「やっべ、すげえ気持ちわりいんだけど」
 
 そう言って、西門さんがベッドに倒れこんだ。

 今日はバレンタインデー。

 当然のようにたくさんのチョコレートをもらっていたF3。

 道明寺に渡してほしいなんて言って持ってくる人もいて、持ち切れないほどのチョコレートをもらった彼らに荷物持ちを頼まれて、西門さんの家まで一緒に来ていた。

 「チョコレートの食べ過ぎだよ。一体いくつ食べたの」
 帰ってきてからずっとチョコレートを食べ続けてた西門さん。
 そんなにチョコレート好きだなんて知らなかった。

 そんな西門さんを類と美作さんも呆れたように見ていたけれど―――。
「総二郎、俺用事あるから帰るぜ」
 そう言って美作さんが立ち上がると、類も合わせて立ち上がった。
「俺も。牧野、またね」
「え?2人とも帰るならあたしも―――」
 そう言って立ち上がろうとしたあたしの手を、西門さんの手が掴む。
「お前はまだいいだろ?なんか用事でもあんのかよ」
「ないけど、でも―――」
「牧野は、まだいれば。総二郎具合悪そうだし、看病してやって」
 そう言って、にこりと笑う類。
「ええ?看病って―――ちょっと、類」
 軽く手を振り、2人はさっさと部屋を出て行ってしまった・・・・・。

 「―――何あれ」
 あたしは溜息をつき、あたしの手を掴んだままの西門さんを振り返った。
「そんなに気持ち悪いの?大丈夫?」
 確かに顔色はあまり良くないけれど・・・・・。
「―――つくしちゃんは、なんでそんなに俺に冷たいわけ?」
 拗ねたようにあたしを見上げる瞳に、あたしは戸惑う。
「冷たいって―――あたしは別に」
「知ってるんだけど」
「何を?」
「―――チョコレート。類とあきらには、渡してただろ?」
「!」

 ―――いつもお世話になってるから―――

 感謝の気持ちを込めて、2人に渡したチョコレート。

 だけど西門さんには―――

 「なんで俺にはないわけ?」
 ギュッと、あたしの手を掴む手に力がこもる。
「それは、だって―――チョコレートなんて、たくさんもらえるだろうし」
「それはあいつらも一緒」
「に、西門さんは彼女からももらえるでしょ、たくさん―――。あたしからのチョコレートなんて、必要ないじゃん」

 ―――違う。

 そうじゃなくて―――

 他の人のチョコレートと一緒にされたくなかったんだ。

 でも、そんなこと言えない―――。

 「―――おれは、お前からもらいたかったんだけど」
 その言葉に、どきんと胸が鳴る。
「―――変なこと、言わないでよ」

 ―――期待、させないで。

 「何が変だよ。俺は、お前のチョコレートが欲しいって言ってんの」
 上体を起こし、グイっとあたしの手を引っ張る。
「ちょっと―――」
「他の男にはやれて、なんで俺にはなんもねえわけ?他の女からのチョコレートなんて、意味ねえんだよ!」
 語気が強くなり、あたしは驚いて西門さんを見上げた。
 あたしを見つめる瞳は、いつものクールな瞳じゃなくって、どこか切なげで―――
「―――おれが、他の女からもらったチョコレート食べてても、お前はなんとも思わないわけ?俺に対する気持ちってそんなもんかよ!」
「何―――言って―――」
「俺は―――ずっと、お前のことしか考えてなかった。彼女って、なんだよ。そんなもんいねえよ。とっくに別れてる。俺はお前が―――お前に、惚れてるんだよ」

 目をそらさずに、そんなこと言われて。

 あたしは、どうしたらいいの?

 反応に困っていると、西門さんの、あたしの手を掴む手の力が少し緩んだ。

 「―――今朝からずっと待ってんのに、チョコレート持ってくんのはどうでもいい女ばっかりで・・・・・あきらと類はお前からもらってんのに・・・・・少しでも、期待してた俺って馬鹿みてえじゃねえか」
 拗ねて、プイと目をそらす西門さん。
 そんな姿にも、胸が高鳴る。
「だって・・・・・西門さんがそんな風に思ってるなんて、知らなかったし・・・・・あたしからのチョコレートなんて、いらないと思って・・・・・」
「だから、なんでそうなるんだよ?あいつらにはやってるくせに!」
「それはだって、意味が違うから」
「意味?」
 言われて、はっとする。

 途端に真っ赤になるあたしの顔を、西門さんが覗き込む。
「―――つくしちゃん?それ、どういう意味?俺、すっごく知りたいんだけど」
 にやりと、いじわるな笑みを浮かべて。
「言うまで、帰さねえからな」
 じっと見つめられるから、あたしは目も合わせられなくて。
「特別な思いは、だめだと思ったの・・・・・」
「―――何で」
「西門さんにとって、あたしは女の子じゃないと思ってたから―――だから、特別な思いで作ったチョコレートなんて、あげられないって・・・・・・」
「―――あほ」
 言葉とは裏腹の、やさしい声。
 
 そして優しい腕にふわりと抱きしめられて。

 「そのおかげで、俺がどんだけ落ち込んでたか―――。俺の方こそ、男として見られてねえのかって思ってたのに・・・・・」
「だって・・・・・」
「他の女からのチョコレート食べてても何とも思わないのかって思ったら―――やけ食いもしたくなるっての」
「え―――」

 じゃあ、あたしのせいで、あんなにたくさん食べてたの?

 気持ち悪くなるくらい・・・・・

 なんだか急に、西門さんが可愛く思えてきた・・・・・。

 「言っとくけど、今日は帰さねえからな」
 耳元に囁かれ、びくりと震える。
「へ?」
「今日1日―――俺をヤキモキさせた責任、取ってもらう」
「責任て、そんなの―――」
 文句を言おうとしたあたしの唇を、西門さんの唇が優しく塞ぐ。

 そこから流れ込んでくる熱い思いに、あたしの体からは力が抜けて行った・・・・・。



 そして彼の腕の中、その温もりに包まれて夢の中にいたあたしの横で。

 西門さんは、あたしが作ったちょっといびつなチョコレートを見つめ、やさしく微笑んでいた・・・・・。


                             fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 類とあきらに言わせれば、『全く世話が焼ける』といったところでしょう。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




2010 Valentine ~花より男子・類つく~

Category : 2010 Valentine ~花より男子~
 「アメリカでは、男から女の人にバラの花をプレゼントするんだって」

 そう言って類は、1本の真っ赤なバラをあたしに差し出した。
「うわ、きれい・・・・・。いいの?あたしがもらって」
 その言葉に、類がおかしそうに笑う。
「牧野以外の女には渡さないよ」
 そんなことをサラっと言われると、何も言えなくなってしまうあたし。

 今日はバレンタインデーだから。

 いつもは1人日向ぼっこしている類のところへも女の子がひっきりなしにやってくる。

 だけど類はそんなのお構いなしにあたしにバラを差しだしたりするから、恥ずかしいやらくすぐったいやら―――。

 嬉しいのに、素直になれないあたしがいた。

 「あ―――えと、これ・・・・・」
 照れ隠しに、というわけでもないのだけれど、あたしは自分のバッグの中から小さな箱を取り出し、類に差し出した。
「何?」
 不思議そうに首を傾げる類。
「チョコレートケーキ、作ったの。時間なかったし、凝ったことはできないからものすごくシンプルだけど」
「牧野の手作り?へえ」
 意外そうな顔をして、類が箱を開ける。

 10cm四方の小さな箱から出てきたのは、小さなハート型のチョコレートケーキ。

 一応ホワイトチョコで「Rui」の文字を書いてみたけれど。

 本当にシンプルで、何の飾りもないケーキ。

 今まで類がもらった高級なチョコレートとは比べ物にならないけれど。

 でも、気持ちだけは誰にも負けてない。

 なんて、密かに思ってた・・・・・。

 「すごい。綴り合ってる」
 くすりとおかしそうに笑う類。
「ちょっと、どういう意味」
「冗談だよ。ありがとう、嬉しい」
「うん・・・・・」
 ちょっと恥ずかしくなって目をそらす。

 これだけでもドキドキしたのに。

 類が、とんでもないことを言い出す。

 「これだけ?」
 その言葉に、あたしは目を見開いた。
「は?」
「チョコレートケーキだけ?彼女なのに」
「へ・・・・・」
「確か、あきらと総二郎にもあげてたよね、チョコレート」
「あれは―――!類の作るときに、余った生地で作っただけで・・・・・」
「でも、俺とおんなじだよね」
 にっこりといつもの笑み。

 でも、その笑顔が何気に怖いのは気のせいだろうか。
「―――おれだけ特別っていう感じ、しないんだけど」
 そう言って伸びてきた手が、あたしの手を掴む。
 まるで逃がさないとでも言うように。
「えっと・・・・・どうすれば・・・・・?」
「俺だけ特別、っていうのが欲しい」
「欲しいって、でも、あたしなにも―――」
「別に、モノじゃなくてもいい」
「え・・・・・」

 じっとあたしを見つめる瞳は、どこか熱っぽくて。

 あたしの心臓はドキドキと早鐘を打ち始める。

 「―――たまには、牧野から、っていうのもありじゃない?」
 そうして間近に迫る類のきれいな顔。
「―――ち、近いよ」
「うん」
 その声は優しいのに、あたしの手を掴む力は一向に弱くならなくて。
「―――あんまり待たされると、俺も我慢できなくなるよ」
 耳元で囁かれた言葉は、少しかすれていて艶っぽい。

 頭がくらくらして、どうにかなってしまいそうだった。

 でも。

 今日はバレンタインデーだから・・・・・。

 やっぱり、特別な人に、特別な思いを伝えたい―――。

 あたしは思いきって顔をあげ―――

 類と目が合う前に、チュッと、その唇にキスをした―――。

 そしてすぐに離れようとしたのに―――

 いつの間にかあたしの体はぎゅっと類に抱きしめられていて。

 甘くて熱いキスを、与えられていた―――。

 「―――特別は、やっぱりこのくらいじゃないと」
 あたしの瞳を覗き込む類の笑顔に、あたしは沸騰寸前で。
「だって―――」
「でも、いいや。今のも―――十分特別。だって、チョコレートよりも甘かったからね、牧野の唇」
 そう言って嬉しそうに笑う類に。

 悔しくて。

 でも愛しくて。

 もう一度、甘い甘いキスを送った・・・・・。

 
                          fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 場所はいつものところ、かな。
 たとえ誰に見られようとも気にしない、というのが類風かなと思って。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説