FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

ひざまくら ~花より男子・類つく~

Category : ひざまくら ~花より男子・類つく~
 目の前に愛しい人の寝顔。
 膝に感じるぬくもりに、幸せを感じる昼下がり。
 時折、そっと彼を起こさないようにさらさらのその髪に触れてみる。
 柔らかくて、ちょっと冷たい感触に胸がときめく。


 ふと、脇に置いてあったバッグから振動音が響いていることに気づく。
 そっと手を伸ばし、バッグの中から携帯を取り出し。
 表示された名前を確認して、電話に出る。
「はい―――大丈夫だよ。どうしたの?―――え、いつ?今日?また急だね―――いいけど。どこに行けばいいの?―――わかった。じゃ、また後で・・・・・え?」
 電話の相手に言われた言葉に、一瞬固まる。
「な、なに言ってんのよ、西門さん!」
 電話の向こうで西門さんが笑っているのがわかり、思わずむっとする。
「もう、切るからね!」
 そう言って電話を切り、ふと下を向いて・・・・・
 バチッと類と目が合ってしまう。
「る、類、起きてたの」
「・・・・・起きてたら、まずかった?」
 なんとなく不機嫌そうな類。
「牧野の声が大きいから、目が覚めた」
「あ・・・・・ご、ごめん。つい―――」
「で?」
「へ?」
 じっと見上げてくる類。
 何か言いたげな表情。
「今日、これから総二郎と会うの?」
「あ・・・・・話、聞いてたの?」
「聞こえた。俺、何も聞いてないけど、そんな話。総二郎となんの用事?」
「えっと、実は着物の試着頼まれてて」
「着物?試着?」
「うん。今度のお茶会でちょっとした着物の発表会みたいな、ファッションショー的な催しをやるんだって。着物メーカーからの話で、試験的なものらしいけど。その着物が今日何点か届くから、その試着をして欲しいって。ほら、あそこ女の子がいないから、頼める人がいないんだって」
「ふーん・・・・・で、総二郎の家に?」
「うん」
 暫し沈黙。
 あたしの膝に頭を乗せながらも、不機嫌な顔の類。
 なんとなく気まずい。
「類?」
「・・・・・何言われたの?」
「え?」
「電話で・・・・・総二郎に何か言われて赤くなってた。何言われたの?」
「そ、それはその・・・・・」
 言われたことを思い出し、また頬が熱る。
 と、類の顔が更に不機嫌さを増す。
「むかつく」
「は?」
「そんなふうに赤くなって・・・・・総二郎と何かあったんじゃないの?」
「ま、まさか!違うよ」
 あたしは慌てて首を振る。
「じゃ、何?」
「に、西門さんが、変なこと言うから・・・・・」
「だから、何?」
「本番に備えて、角隠しの試着もしてみる?って・・・・・」
 類の瞳が見開かれる。

 大学を卒業したら、類と結婚することが決まっている。

 ついこの間正式に婚約をして、その時にも西門さんにはさんざんからかわれている。
 わかってはいても、言われるたびに恥ずかしくなってしまうのは、もう条件反射みたいなものだった。
 ちらりと類に視線を戻すと、なんとなく複雑そうな顔。
「なんか、悔しい」
「え」
「そんな会話、俺の知らないところでしてるなんて」
「だ、だからそれは、恥ずかしくて・・・・・」
「そういうかわいい顔、俺以外のやつに見せて欲しくない」
 伸ばされた指先が頬に触れ、ドキッとする。
「でも・・・・・角隠しっていうのは、いいね」
「え・・・・・」
「牧野、似合いそう」
 にっこりと微笑む類に、また頬が熱くなる。
「早く・・・・・見たいな」
「・・・・・類が、着せてくれるんでしょう?」
 その言葉に嬉しそうに微笑んで・・・・・
 そっと起き上がると、そのままあたしの頭を引き寄せ、唇を重ねた。

 「愛してる・・・・・」
 甘い声が耳元に響き、ゾクリとする。
 そんなあたしの反応を楽しむように首筋に一つキスを落とす。
「2人きりになりたい」
「でも、これから西門さんのところに・・・・・」
「ちゃんと連れて行く。だから、その前に・・・・・」
 甘い声で囁かれ、そのビー玉のような瞳で見つめられれば、拒否できるわけもなく・・・・・


 その後、西門邸に2人で現れたあたし達を見て。
 また、散々からかわれたのは言うまでもない・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 腕枕の次は、膝枕ってことで。
 次はどうしましょうか・・・・・。

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

b_04.gif




お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


スポンサーサイト



非公開コメント