FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

Kissxxxしよう vol.2 ~花より男子・類つく~

Category : Kissxxxしよう ~花より男子・類つく~
 -rui-

 牧野が好きだ。

 その思いは日に日に強くなっていくばかりで。

 ただの友達でいることが、辛かった。

 不意打ちのキスに、恥ずかしそうに頬を染める牧野。

 かわいくって仕方ない。

 できれば誰の目にも触れさせず、どこかに閉じ込めておきたいくらいだった。

 
 「ベタ惚れって感じだな」
 総二郎が俺と牧野の様子を見て言った。
 その言葉に、牧野が真っ赤になる。
「な、何言ってるのよ、別に―――」
「ベタ惚れなのは本当のことだから、俺はいいけど」
 そう言って笑うと、牧野は俺の顔を見て口をパクパクさせた。
 顔を赤くして、まるで金魚みたいだ。
「うわ、付き合ってらんねえ。お前らバカップルもいいとこだぜ」
 総二郎が呆れてそう言い、席を立った。
「邪魔はしねえよ。ごゆっくり」
 冷やかすようににやりと笑って牧野に視線を送ると、軽く手を振って喫茶店を出て行く総二郎。
 牧野はなんともいえない表情でそれを見送って―――
「顔が熱すぎて、倒れそう」
 と呟いた・・・・・。


 「類様、静様からお電話がありました」
 家に帰ると、家政婦の竹村がそう言った。
「静から?何だって?」
「また後で電話するそうです。久しぶりでございますね。お声だけでしたが、お元気そうで」
 俺が生まれる前からこの家にいる竹村は、静のことも良く知ってる。
 懐かしそうに目を細める姿に、俺も静の姿を思い出していた。

 『類?久しぶりね』
 電話から懐かしい静の声。
「元気そうだね」
『おかげさまで。ところで・・・・・久しぶりで悪いんだけど、あなたに頼みがあるのよ』
「・・・・・なんか嫌な予感がするんだけど」
『あら、いい勘ね。実は、私と一緒にうちの両親に会いに行ってほしいのよ』
 その言葉に、さすがの俺も暫し絶句したのだった・・・・・。


 「静さんが、帰ってくるの?」
 バイト帰りの牧野を家まで送る車の中で、俺は静のことを話した。
「ああ。日本に帰ってくる用事があって・・・・・どっかで聞きつけた静の両親が、静を呼びつけたんだって。で、1人で行くと喧嘩になりそうだから、付き添ってほしいって。牧野も行く?」
 俺の言葉に、牧野は目を見開いた。
「ええ?やだよ、あたしお金持ちって苦手」
 その言葉に、思わず噴出す。
「じゃ、俺も苦手?結構お金持ちのほうだと思うけど」
「や、そうじゃなくて・・・・・」
 途端に慌て出す牧野がかわいくて、俺は笑いが止まらなくなる。
「やば・・・・・あんた、面白すぎ」
「もう、類って変なとこにツボがあるんだから」
 ぷうっと頬を膨らませる牧野。

 俺はくすりと笑い、素早く牧野の頬にキスをした。

 「ちょっ、危ないよ!運転中に!」
「大丈夫。ちゃんと見てるから」
 俺の言葉に、呆れたような視線を向け・・・・それでも目は笑ってた。
「・・・・・静さんの用事って?」
「さあ?仕事関係じゃない?詳しくは聞いてない。興味もないし」
「静さんのことなのに?」
 ちらりと俺の横顔を見る牧野の瞳に、微かに不安の色を感じ取る。
「心配?」
 そう笑って聞くと、牧野は恥ずかしそうに目をそらした。
「そんなんじゃないよ。ただ・・・・・静さんは類にとって特別でしょ?」
 その言葉に、俺は肩をすくめた。
「俺の特別は、牧野だけだよ。心配しなくても、もう静のことは俺の中で思い出になってる。俺が好きなのは、牧野だけだから」
 そう言って見つめれば、また頬を染めて慌て出す。
「な、何でそういうことさらっと言うかな。ちゃんと前見てよ、危ないから」
「はいはい」
 くすくすと笑いながらも、俺は牧野の家へと車を走らせたのだった・・・・・。


 「類、久しぶりね」
 空港まで迎えに行った俺の前に現れた静。
 以前よりもぐっと大人っぽく、そしてとても生き生きとした表情の静。
 仕事も私生活も順調なのだろうと、その姿から容易に想像でき、俺も自然に笑顔になった。
「ごめんなさいね、無理なこと頼んで」
「別に、無理なことじゃないよ。でも、親子水入らずの場に俺がいるのも変じゃない?」
「類なら大丈夫よ。それに―――両親にどうしても報告したいことがあるの。でも、それを1人で言う勇気がなくて・・・・・。類に、一緒にいてもらえたらいえるかもしれない」
 静の言葉に、俺はちょっと目を見開いた。
「珍しいね。そんな弱気なこと言うの。よっぽどの重大事件?」
「かも知れないわね。わたし―――結婚しようと思ってるの」
 そう言って、静は幸せそうに微笑んだのだった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 静の登場も久しぶり。
 もうちょっとつくしをやきもきさせるつもりだったんですが・・・・・。
 今回は平和に終わりそう?

  いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574

お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます


ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
スポンサーサイト



ベタ惚れっぷりが分かるのは、
幼馴染の総二郎故と思いたいですね。
あまりおおっぴらにそういうの
表現しないイメージがあります。類って。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント