FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

夢のあと vol.36 ~花より男子・類つく~

Category : 夢のあと ~花より男子・類つく~
 まっすぐに、自分を見つめる総二郎の瞳。

 いつもと違う、熱っぽい光を湛えたその瞳に戸惑い、つくしはすぐに動くことができなかった。

 「―――なんで、逃げねえの?」

 「だって―――西門さん、いつもと違うから・・・・・・」
 その言葉に、なぜかがっくりとうなだれる総二郎。
「西門さん?どうしたの?どっか具合悪い?」
 心配そうに総二郎の顔を覗き込むつくし。
 そんなつくしの仕草にも、総二郎は溜め息をつく。
「っつーか・・・・・気が抜けたわ」
「へ?」
「へ、じゃなくて。お前、俺のこと丸っきり男として見てねえだろ」
 総二郎の言葉に、つくしが首を傾げる。
「見てるよ。どう見たって西門さんは男じゃない」
「当たり前だろ!そうじゃなくて―――」
「何怒ってんの?」
 意味がわからない、と言ったようにむっと眉を顰めるつくしに。
 総二郎は再び溜め息をつき、壁に手をついてうなだれた。
 ちょうど、つくしの肩に頭を乗せるような形になる。
「―――ばからしくなってきた。人が真剣に―――」
「真剣に、何?やっぱり何か悩んでるの?」
 そう言って総二郎を見つめるつくし。

 総二郎はふと顔を上げ、そのまま真正面からつくしを見つめ―――
「ちょっと、試してみていーか?」
「何を?」
「どこまで近づけるか」
「は?」
 わけがわからず目を瞬かせるつくしに、顔を近づける総二郎。

 緊張感のない中、徐々に近づいてくる総二郎と、目を見開いたままのつくし。

 唇が触れるまであと1cm―――というところまで来て。

 そこから先、近づくことができず固まる総二郎。

 つくしも、少しでも動いたら唇が触れてしまいそうで、動くことができない。

 妙な空気のまま、どうしようかと2人固まっていると―――

 突然部屋の扉が勢いよく開き、髪を濡らしたままの類が入って来た―――。
「牧野!」
 ずんずんとその勢いのままつくしに近づき、総二郎をつくしから引きはがす。
「総二郎、何してんだよ!」
 きっと睨みつける類に対し、総二郎は頭を掻きながら肩をすくめる。
「いや―――ちょっと、実験」
「実験?」
「牧野に、どんだけ近づけるか」
「何言ってんだよ?」
 むっと顔を顰める類に、つくしが気まずそうに声をかける。
「あの、類、ごめん―――」
「何、ごめんって。俺に謝らなきゃならないようなこと、2人でしてたの?」
 じろりと睨まれ、首をすぼめるつくし。
「違くって―――なんか西門さんが、元気なかったから気になって―――」
「だからって、男の部屋に平気で入ったりすんなよ」
「類、そんなに怒るなよ」
 割って入る総二郎を、さらに不機嫌に顔を歪め睨みつける類に。
「だから―――牧野にとって、俺は男として意識するような相手じゃないってことだろ」
 そう言って苦笑した。
「俺がどんだけ近づいても、驚いたり赤くなったりしたって、怖がったりはしねえんだよ、牧野は。それは、俺のことを信用してるのと、そういう相手として全く意識してないってことだろうが」
 その言葉に、類がつくしを見つめた。
「牧野にとって、俺はそういう心配のいらない相手だってことだ。だから2人きりになったって、心配する必要なんかねえんだよ」
 そう言って両手を広げると、総二郎はつくしから離れた。

 類は総二郎をそれでもじっと見ていたが―――

 「―――牧野。お風呂、入ってきなよ」
 類の言葉に、つくしはちょっと目を瞬かせると、素直に頷いた。
「うん、じゃ―――」

 つくしが出て行き、部屋に2人になった類と総二郎。

 しばらく2人とも黙っていたが―――

 「―――いつまでそこにいるんだよ。お前も自分の部屋に戻れば」
 総二郎の言葉に、類は肩をすくめた。
「行くよ。総二郎の話を聞いたらね」
「俺の話なんかねえよ」
「そう?じゃあ聞くけど、実験て何のため?牧野の気持ちを確認するため?―――だけじゃないよね」
 その言葉に―――

 総二郎はそっと溜息をつき、類の方を見た。
「―――お前ってやな奴だな」
「総二郎ほどじゃないよ。言っとくけど、俺まだ怒ってるよ」
「怒られるようなこと、してなかったろ。未遂だぜ」
「じゃあ、俺があのとき入ってこなかったらしてた?キス」

 しばらくの沈黙の後、総二郎は答えた。
「いや、してなかった―――というより、できなかったな、たぶん」
「それは、なんで?」
「―――ぶっちゃけて言っちまうと、俺は牧野に惚れてるよ」
「―――だと思ってた」
「ま、お前は気付いてんだろうなとは思ってたよ。けど、それと同時に、あいつを仲間として好きだっていう気持ちもすげえ強い。いや、どっちかっつーとそっちの方が大きいかな。だからだよ。―――あいつが、100%俺のこと友達として信用してるんだって思ったら、キスなんてできなかった。仲間としてのあいつを―――なくしたくはないからな」
 そう言って穏やかに笑う総二郎を、類は黙って見ていた。
「―――それと、あいつは俺にとって妹みたいなもんだって思ってるよ。恋人とも仲間とも違う存在。あいつの幸せを何より願ってるし、それをずっとそばで見守ってたいと思う。他の誰とも違う―――それは、例え婚約者のお前にも譲れないもんだって、そう思ってる」
 静かにそう話す総二郎の瞳は穏やかで、幼馴染の類も見たことがないような優しい表情だった。
「それを―――俺は信じていいってこと?たとえば牧野と総二郎が2人きりでいたとしても」
「ま、そういうことだな。って言っても、牧野の方が俺に惚れるようなことがあれば、また話は別だけど?」
 そう言ってにやりと笑う総二郎に。
「冗談。牧野の気持ちを、他に向けさせたりしないよ」
 負けじと不敵な笑みを浮かべ、類は言い放ったのだった・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 すいません。やっぱり総二郎編はなしで。
 総二郎は総二郎で、別のお話を今度考えたいですね~

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説

スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント