FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

朝までずっと ~花より男子・つかつく~

Category : 朝までずっと ~花より男子・つかつく~
 『牧野つくしに、クリスマスは関係ねーな』

 西門さんの、冷やかすようなセリフがよみがえり、あたしは思わず思い切り地面を蹴飛ばした。
 「ふん!どーせね!」
 何人もの女の人とともに夜の街へ消えて行った西門&美作。
 『女と遊べるのもあと少しだから』と、彼らは彼らなりの大学生活をエンジョイ(古っ)してる。

 あたしは相変わらず、バイトに明け暮れる日々。
 婚約までした道明寺は今頃N.Yで頑張っているはずだから。
 あたしだけ、遊んでるわけにいかないもん。

 だけど今日はクリスマス。
 せめて今日だけは。
 声だけじゃなくって、その姿が見たいと。
 そう思うのは、罪じゃないよね・・・・・?

 すっかり部屋の隅に追いやられているTV電話を、帰ったらつけてみようとあたしは夜の道を急いだ。

 暗がりの中、いつものぼろアパートの姿が見えてきて、ようやくほっとする。

 そして。

 あたしは、足を止めた。

 目の前にいる人物に、言葉が出てこない。

 「おせーぞ。どこほっつき歩いてんだ」
 ふてぶてしい態度はいつものこと。
 だけど、声だけじゃない。
 映像だけじゃない、その姿が。
 今、目の前に―――

 「おい、何ぼーっとしてんだよ。せっかく会いに来てやってんのに、もっと嬉しそうな顔しろよ」
 ずんずんと近づいて来て、あたしの頭にその大きな掌を乗せる。

 ―――あったかい―――

 そしてようやく。

 あたしは、目の前の光景を受け止めて―――
 道明寺に抱きついた。
「お、おい」
 焦る道明寺の声。
 いつも偉そうなくせに、こういうときは可愛いんだから。
 ちょっとおかしくなって、くすりと笑う。
「―――メリークリスマス。プレゼント、ないよ」
 道明寺に抱きついたままそう言うあたし。
 道明寺の腕が、そっとあたしの背中を抱きしめた。
「いらねえよ。お前に会えたのが―――何よりのプレゼントだ。ずっと―――会いたかった」
「あたしも―――。離れてるのが、こんなに辛いって―――今日ほど思ったこと、ない。会いに来てくれて―――ありがとう」
「殊勝なこと言うなよ。調子狂う」

 そう言いながらも、あたしの背中をそっと撫でる道明寺の手は優しくて。

 いつまでもこのままでいたいと思ってしまう。

 だけど、さすがにそれは風邪をひきそう。
「ね―――うち、入る?暖房壊れてて寒いけど」
 と言うあたしの言葉に、道明寺はぷっと吹き出して。
「知ってる。さっき行ってみたら―――お前の家族が3人、震えながら飯食ってた。しょうがねえからメイプルのビュッフェに連れてって、部屋もとっといた。今頃楽しんでるはずだぜ」
「ええ!?本当に?」
 
 ―――いつの間に。

 「せっかくのクリスマスだろ?俺たちだけ幸せになったんじゃ悪いからな」
 いたずらっぽくウィンクを決めて。
 それがあまりにもかっこよく見えて、見惚れてしまった。
「―――おれたちも、行こう」
「え―――どこへ?」
「2人きりになれるところ行って―――2人だけで、クリスマスパーティーするんだよ。まさか、他の予定入れてねえだろうな」
 途端に心配そうな顔をする道明寺。
「当たり前、でしょ。こんな時間に―――盛り上がってるところに水差しに行くほど、あたしも空気読めなくないっての」
「じゃあ、行こう。そこでケーキ食って、シャンパン飲んで、それから―――」
「それから?」
「それから―――朝までずっと、一緒にいよう。ずっと―――お前を、感じてたい」

 切ない瞳で、見つめるから。

 あたしも、意地を張れなくなる。

 ずっと一緒に。

 ずっと、あなただけを感じてたいよ―――。

 ―――メリークリスマス。

 こんなに切なくて、幸せなクリスマスは、初めて―――


                       fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つかつくバージョンは、ちょっと短めで。
 かっこいい司を描くの、好きなんですが。
 うまくいったかな?

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント