FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

夢のあと vol.38 ~花より男子・類つく~

Category : 夢のあと ~花より男子・類つく~
 「似てる?兄貴に?」
 瞳を瞬かせる岳三に、つくしはくすくすと笑って頷いた。
「うん。やっぱりそっくりだよ」
「そうかな。なんかあんまり嬉しくないけど」
 そう言って頭をかく岳三。

 こうして見ると普通の大学生だ。
 総二郎が言うような危険な感じはしないのでけれど・・・・・。
 でも、さっきの情景を思い出す限りでは、やっぱり男としては油断ならないタイプなんだろうと、つくしは少しだけ岳三から離れた。

 気付かない程度、だと思ったのだが、岳三がつくしを見てくすりと笑う。
「―――兄貴に言われた?俺に近づくなって」
 その言葉に、つくしはぎくりとする。
「そ―――そうじゃないけど」
「いいよ、ごまかさなくて。今までが今までだからね。聞いたでしょ?俺が兄貴の彼女たちと付き合ってたって」
「―――うん。人のものが欲しくなるって?」
「意識してるわけじゃないんだけどね。昔から兄貴には対抗意識持ってたかもね」
「そうなの?」
「うん。あんだけ何でもできる奴って憎たらしいじゃん。まあ、F4ってそんなのばっかりだけど。昔からそんな奴ら見て来て―――俺もああなりたいって憧れる気持ちと、あんなふうにはなるもんかっていう気持ちが、常にあったよ」
 岳三の言葉に、つくしは頷いた。
「なんとなく、わかる。その気持ち。あたしなんか、最初大嫌いだったからね、F4。最初から違ってたのは―――花沢類くらいだった」
「何それ、惚気?」
 くすりと笑われ、つくしの頬が赤く染まる。
「い、いや、そういうつもりじゃ―――」
 慌てて手を振るつくしに、ますます岳三が笑う。
「はは、牧野さんおもしれー。あの兄貴が興味持つなんてどんな女かと思ったけど――わかる気がするなあ」
「何言ってんの、もう・・・・・」
「自然な感じで、いいよね。―――昔、兄貴の幼馴染の更さんていて―――知ってる?」
「ああ、うん。会ったことあるよ」
「今は京都に嫁に行っちゃったけど―――あの人もすごい超ナチュラルな人でさ、俺結構好きだったんだよな。だけど彼女もやっぱり兄貴が好きで―――俺なんて年下だし、いつ会っても頭撫でられて、子供扱いされてた。それが悔しくて―――いつか絶対兄貴を抜いてやるって思ってたんだけど」
 そう言って笑った岳三の顔は、なんだかいつかの総二郎の姿とも重なり、つくしは言葉が出てこなかった。
「けど、彼女が選んだのは兄貴でも、もちろん俺でもなかった。兄貴でも―――手に入れられないものがあるんだなあって思ったよ」
「そりゃ・・・・・西門さんだって人間だもん。できないことだってあるでしょ」
「まあね。それでも―――俺にとっての兄貴って、完全無欠みたいなイメージだったから、意外だったんだ。今回も、そう。牧野さん連れて来た時の兄貴見て、ピンときた」
「何が?」
 不思議そうに首を傾げるつくし。
「兄貴の―――ポーカーフェイスを崩せる人だって」
 くすくすと、楽しそうに話す岳三。
 
 
 「あれ、牧野さん?」
 と、どこかから声が聞こえ、つくしは驚いてそちらを振り向いた。
「あ―――掛井さん?」
 いつか総二郎に紹介してもらった、柴犬のブリーダーだ。
「やあ、久しぶりだね。どうしてるかと思ってたんだ」
 にっこりと微笑む掛井は、今日は着物ではなくぴしっとしたスーツ姿だった。
 もともと背が高くスタイルもいいので、そういう格好も様になっていてかっこよかった。
「お久しぶりです。すいません、そろそろまた見に行きたいなって思ってたんですけど―――」
「うん。来月には、引き渡しできると思うから―――。こちらは、もしかして総二郎君の―――?」
「あ、はい。西門さんの弟の、岳三くんです。岳三くん、こちら柴犬のブリーダーの掛井さん。西門さんに聞いたことない?」
「ああ、そういや犬飼うって言ってたっけ。初めまして、岳三です」
 2人が握手を交わす。
 その様子をつくしが見ていると、掛井はちょっと首を傾げ―――
「ふーん・・・・・総二郎君に似てるけど、性格は違うみたいだね。でも、そう意識することはないと思うけど―――」
 掛井の言葉に、岳三の表情が微妙に変化したことに、つくしは気付かなかった。

 「―――今度、君もお兄さんと一緒に遊びに来たらどうだい?柴犬の仔犬がたくさんいて、楽しいよ」
 相変わらず穏やかに微笑む掛井に、岳三は微かに笑みを浮かべながら―――
「どうも―――時間があれば、ぜひ」
 と言ったのだった。


 掛井と別れ、岳三とともに西門邸へ戻ったつくしを迎えたのは総二郎で―――

 2人の姿を見るなり、その顔を強張らせた。

 それを見た岳三は両手を上げ、一歩つくしから離れて。
「おっと、怒るなよ、兄貴。帰り道で偶然会っただけ。俺は何もしてないよ。じゃ」
 そう言うと、そそくさとその場を去って行く岳三。

 その後ろ姿を見送って。

 こちらを向き直った総二郎の瞳は、思わずぞっとする程のもので―――
「お前―――俺の話ちゃんと聞いてたか?」
「き、聞いてたよ。さっき岳三くんも言ってたでしょ?偶然会ったんだってば。まさか、顔合わせてそのまま知らん顔ってわけにもいかないでしょ?」
 つくしの言葉に、総二郎は溜め息をつく。
「ったく―――。お前には、ほんとひやひやさせられる」
「そんなこと言ったって・・・・・。あ、そう言えば、さっき掛井さんに会ったの」
「え、掛井さん?」
「うん。来月には引き渡せるって―――ね、また見に行ってもいいかな」
「ああ、そうだな―――って、それとこれとは話が別だぞ」
 と、途端に総二郎の目が厳しくなる。
「わかってるってば。でも、西門さんの弟だもん、そう悪い人でもないでしょ?」

 上目遣いに総二郎を見て、いたずらっぽく微笑む。

 何の気なしに言った言葉でも、何となくうれしい気持ちにさせられることがある。
 
 そういうところがつくしのいいところでもあり、総二郎にとっては困ったところでもあるのだけれど。

 総二郎は軽く溜め息をつき、つくしの頭をぐしゃぐしゃとなでた。
「わっ、何?」
「しょうがねえ奴だと思ってよ。あんまり俺を煽るな。これでも自制してるんだから」
「自制??って?」
「なんでもねえよ。今度の日曜あたり―――類も誘って掛井さんとこ行くか」
 総二郎のその言葉に、つくしも嬉しそうに微笑んで頷いた。

 それを見て、また総二郎は苦笑する。

 ―――世話の焼ける妹だぜ。

 そう思いながら・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 妹であり、友達であり、そして恋人でもあり―――っていうのが本音かな?
 罪作りな女です。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント