FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

夢のあと vol.40 ~花より男子・類つく~

Category : 夢のあと ~花より男子・類つく~
 「あの、すいません」

 仕事を終え、西門邸に入ろうとしたつくしは、誰かに声をかけられた。
 振り向くと、そこには見覚えのない大学生くらいの女の子が立っていた。
 色白でおとなしそうな、なかなかかわいらしい女の子だった。
「はい、何でしょう?」
 つくしが言うと、その女の子は手をもじもじとさせながら、上目遣いにつくしを見た。
「あの―――突然すみません、あなたは―――この家の方、ですか?」
「え―――」
 ちらりと西門邸を見る女の子。
「えーと、何と言ったらいいか―――ちょっと、居候させてもらってるんです。一時的に。あの、もし誰かに用なら呼んできますけど?」
 つくしの言葉に、女の子は微かに頬を染める。
「い、いえ、いいんです。別に用ってわけじゃ―――」
 そこまで言った時。
「牧野?何してるんだ、そんなとこで」
 そう言って出て来たのは、総二郎だった。
「あ、西門さん、あの―――」
「あれ?君、どこかで―――」
 総二郎が、その女の子を見るなり首を傾げる。
「知りあい?」
「ていうか、見たことが―――あ、思い出した。先月―――岳三の誕生日に、あいつと一緒にいた子でしょ」
 にっこりと微笑む総二郎。
 女の子の頬は見る間に赤くなり―――
「岳三くんの彼女?」
「か、彼女じゃ、ないです、あたしは、その―――」
 しどろもどろになる女の子。
 かなりテンパっているようだ。
 総二郎とつくしは顔を見合わせ―――
「よかったら、中で待つ?もうすぐあいつも帰ってくると思うけど」
「あ、いえ、あたしは―――」

 「さやか?」

 少し離れた所から聞こえてきた声に、女の子の体がびくりと震える。
「お前、何して―――」
「ご、ごめんなさい!失礼します!」
 そう言うと、女の子は突然ぴょこんと頭を下げ、岳三の方を振り返りもせずに猛ダッシュで走り出した。
「おい!さやか!」
 その後を追って走り出す岳三。

 しばしその光景に呆気にとられていた2人だが―――
「―――あの子、たぶん岳三の本命」
 総二郎の言葉に、つくしは驚いてその顔を見上げた。
「え、そうなの?」
「ん―――。俺が言うのもなんだけど、あいつは昔からかなり遊んでたけど、付き合う女のタイプってのがだいたい俺と一緒で―――モデル系で、頭空っぽな感じの女。つきあってても後腐れのないタイプばっかり。けどどれも本気じゃないのは見ててもわかる。だけど、先月あいつの誕生日に、偶然街であの子と歩いてるの見かけて―――。すぐにぴんときたよ。今までとは全く違うタイプで、あいつの表情も違ってたし。だけどそれ以来見ないし、相変わらず不特定多数の彼女と遊んでるっぽかったから―――振られたのかって思ってた」
「へえ・・・・・彼女が・・・・・」

 ―――そういえば、ちょっと更さんに似た感じかも―――?

 「お前は、彼女と何話してたの?」
「え?ああ―――あたしに、この家の人ですかって。だから、一時的に居候してるんだって言ったんだけど―――まずかったかな」
「いや―――大丈夫だろ。まあ、もしかしたらちょっと誤解してたのかもしれねえけど。大した問題にはならねえと思うぜ?」
「そう?ならいいけど―――」
 そう言って、つくしはいらりと2人が消えていった方向に目をやり―――

 総二郎が中に入っていくのに気付き、慌ててその後を追ったのだった・・・・・。


 「岳三の彼女?」
 その日の夜、仕事から帰ってきた類に、つくしは今日のことを話した。
「うん。西門さんが、その子が本命じゃないかって。かわいい子だったよ」
「ふーん」
 そう言って、気のない様子でベッドにごろりと横になる類。
 つくしは類の傍に行き、ベッドに腰掛けた。
「疲れてる?」
 そう言うつくしの腰に、類の手が伸びる。
「少しね。いつもと変わらないよ。牧野は?変わりない?」
 腰の辺りに類の息がかかり、くすぐったくて身を捩る。
「か―――変わり、ないよ。ねえ、類、明日も仕事だし―――」
「そうだね」
「あの、そろそろ寝ないと―――」
「寝れない」
「あの―――」

 その瞬間、グイっと腕を引っ張られてつくしの体はベッドに仰向けにされる。

 「寝る前に、確かめないと、安心できない」
 にっこりと微笑む類の笑顔に、つくしの笑顔はひきつる。
「た、確かめるって、何を―――」
「今日も、無事だったかどうか」

 そうして、つくしが口を開く前に熱い口付けが落ちてきて―――

 そのまま朝まで、つくしがベッドから出られなかったことは言うまでもない―――。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 久しぶりの『夢のあと』です。
 そろそろ、この2人にも落ち着いてもらわなきゃなあと思ってるんですが・・・・どうかな?

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説


スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ランキング参加のお誘い

突然の書き込み失礼致します。
ランキングに参加して頂きたく、こちらのブログを登録させて頂きました事をご報告します。

HP:秋葉原ネット
URL:http://akiba-net.info/

当サイトに登録させて頂いたブログからアクセスがあると、総合アクセスと、記事1つ1つからのアクセスが人気順に表示される仕組みになっております。

記事単位で人気が決まるので、良い記事がたくさんあれば、それだけランキングを埋め尽くすことも可能です。
昨日の人気記事TOP50 http://akiba-net.info/yk_ranking.html

詳しくはこちらのページをご覧下さい。
サイトの説明 http://akiba-net.info/menu_about.html

当サイトは競争しやすい仕組みになっておりますので、将来的には多くのアクセスを返せると思います。
是非リンクして頂ければと願っております。どうぞ宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント