FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

もっと酔わせて vol.1 ~花より男子・総つく~

Category : もっと酔わせて ~花より男子・総つく~
 -tsukushi-

「なんで何も言わないんですか?」

カフェテリアで紅茶を飲むあたしの横に、いつの間にか座っていたのは桜子。

「何よ、突然」

「西門さんですよ。さっきからたくさんの女の子相手に―――先輩、彼女なんですから文句言う権利あるじゃないですか」

「文句なんて―――」

「もう!そんな暢気に構えてたらいつか取られちゃいますよ!?ただでさえもてるのに!」

興奮して身を乗り出す桜子を、ちらりと睨む。

「ここであたしが出てったりしたら、また嫌味言われるだけでしょ。だいたい・・・・・」

そこで言葉を止め、ちらりと女子大生たちに囲まれている西門さんを見る。

「あたしのこと、本当に彼女と思ってるかどうか・・・・・」

「はあ?」

「だって・・・・・あたし、好きって言ってもらったこととかないし」

「でも―――」

「酔った勢い。周りに乗せられて、『じゃ、付き合っちゃうか』って言われて、あたしも酔った勢いで乗っちゃったけど・・・・・」

「―――先輩は、本気じゃなかったんですか?」

桜子の言葉に、すぐには答えることができなかった。

「あたしは―――本気で向き合える人とじゃなきゃ、恋愛なんてできないよ」

逃げてるだけかもしれない。

でも。

あたしは、自分が傷つくのが怖かった・・・・・。



 -soujirou-

さっきから気になってるのはあいつのこと。

俺に背中を向けて、1人紅茶を飲んでいる。

俺がさっきからずっと、女子大生に囲まれてるってのにこっちを見ようともしない。

気にならないはずはない。

だけど一生懸命それを悟られないようにしてる感じ?

そういう意地っ張りなところもかわいいなんて、密かに思ってることなんて気づいちゃいないんだろうけど。

この西門総二郎が。

酔った勢い。

『じゃ、付き合っちゃうか』

その言葉に、あいつもげらげら笑いながら『いいよ~』なんて頷いてた。

言っとくけど、俺は全然酔ってなんかなかった。

いつ言おうかってタイミングをはかってた。

酔ってたからって、いまさらあの言葉を撤回なんかさせない。

何とかごまかしてしまおうとしているあいつの、一挙手一投足も見逃さない。

この俺から、逃げられると思ったら大間違いだ。

これから、俺の『本気』を見せてやるから。

覚悟しとけよ、つくしちゃん―――。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで、拍手お礼小話でアップしていた総つくのお話です。
 何気に、つくししか見えてない総二郎。
 本気の総ちゃんは一直線です

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント