FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

もっと酔わせて vol.3 ~花より男子・総つく~

Category : もっと酔わせて ~花より男子・総つく~
高等部の非常階段。

ここが、牧野と類がよく会ってる場所だ。

それは牧野と司が付き合ってる頃から変わらない。

あの2人の関係を、いまさらとやかく言うつもりはないけれど。

彼氏としちゃあ、面白くはない。

「あれ、総二郎」

「西門さん?どうしたの?」

「―――おれがここに来ちゃいけないか?牧野が、類とどっかに消えたって言うから」

「消えたって・・・・」

「ここは、俺と牧野にとって癒しの場所だから」

「そこに俺はいちゃいけないわけ?」

類の目に、挑戦的な光が見えた。

こいつの気持ちはわかってはいたけれど。

でも、こんなに挑戦的な態度をとる奴だったか?

「ちょっと、2人とも・・・・・ていうか、西門さんは何か用事だったんじゃないの?」

「用事がなくちゃ会いに来ちゃいけないか?俺はお前の彼氏だろうが」

その言葉に、牧野の頬が微かに染まる。

「そ、それは―――」

「けど酔った勢いってやつでしょ?」

すかさず割って入る類に、やっぱり他意を感じる。

「類、何が言いたい?」

「総二郎が酔った勢いで言った言葉なんて、信用できるのかなって思ったんだけど」

にやりと笑う類。

その言葉にカチンときて、思わず類を睨みつける。

「てめえ・・・・・言っていいことと悪いことがあるぜ」

「なら、今までのも全部本気だった?さんざん女を口説いてるのを見て来たけど」

言われて、ぐっと詰まるが・・・・・

「―――昔のことだろ?」

「そう?でも総二郎ってそんなイメージだし。牧野だってそう簡単に総二郎の言葉信じられないんじゃない?」

牧野を見ると、類の言葉に困ったように目を泳がせている。

「―――おれの言葉が信じられないわけ?」

「だって―――酔った勢いっていうのは本当じゃない。そんなの、たくさんの人に言ってるでしょ?」

「だからって、お前に冗談でそんなこと言うと思ってるのかよ」

「そんなの、酔ってるんだからわからないじゃない!」

「酔ってねえよ!」

思わず叫んだ言葉に、牧野が目を見開く。

「だって―――」

「酒でも入んなかったら―――お前に告白なんか、できなかった」

「意外と臆病だからね」

「類、うるさい」

じろりと睨むと、ひょいと肩をすくめる類。

「マジで―――俺は、お前が好きだから。だから―――俺のこと、信じてくれ」

ただ信じてほしくて。

それだけを思って牧野を見つめた。

その瞬間、牧野の瞳からは大粒の涙がこぼれた・・・・・。




「やきもち妬いたの?」

あたしの言葉に、西門さんの頬が微かに染まった。

「悪いか。だいたい、お前が類と消えたりするから―――」

「別に、消えてないし。あの場所に類といるのなんて、いつものことだよ」

「それが気に入らねえ。どうにかなんねえのかよ」

「そう言われても・・・・・。あの場所は、あたしと類にとって特別なんだよ」

非常階段で2人でいたあたしと類。

あたしにとっては当たり前の日常なんだけどな。

「―――じゃ、その代わりに俺にも特典くれよ」

「特典?」

「そ。例えば―――」

そう言って、西門さんは何かを思いついたようににやりと笑った。

その笑みに、あたしの背中を嫌な汗が伝う。

「え―と、あたしこの後用事が―――」

さりげなく目をそらし、そのまま離れようとしたあたしの腕を、西門さんの手が掴む。

「この俺から、逃げられると思ってる?つくしちゃん」

「てか、なんで特典?」

「お前が類とあの場所で会うことを許すから」

「べ、別に西門さんの許しは―――」

いらないと思うんだけど?

「俺がそれを我慢する代わりに、お前から特典をもらう」

「―――で、その特典って?」

「一緒に暮らそう」

「―――――はあ!?」

西門さんの言葉に。

文字通り、あたしは固まってしまったのだった・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 独占欲で言ったら、類が一番強いのかなって思ってたんだけど。
 総ちゃんも相当なものかも?

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント