FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

恋心 11 ~花より男子・類つく~

Category : 恋心 ~花より男子・F4×つくし~
牧野が、幸せならそれでよかった。

牧野が笑っていてくれるなら、それで。

だから、牧野を泣かせる奴は許せなかった。

「どうして泣いてるの?」

非常階段で、1人涙を流している牧野を見つけた時。

また、司と何かあったんだと思った。

「自分が、許せなくて」

大きな瞳を潤ませ、うつむく牧野。

さっきから、俺の目を見ようとしないのはどうして?

「なんで?司と何かあったんじゃないの?」

「―――あたしの、せいなの」

「だから、なんで?」

俺の言葉に答えようとせず、首を振る牧野に。

俺の胸が痛む。

「俺には言えないこと?じゃあどうしてここにいるの?」

「―――ごめん・・・・・」

「謝ってほしいんじゃないよ。俺は・・・・・牧野に笑っててほしいんだ。そのためなら何でもする。だから、1人で抱え込むなよ」

そっと髪に手を伸ばせば、びくりと震えるからだ。

ゆっくりと、顔をあげて俺を見つめる。

その瞳に。

何か期待させられるような予感がして。

「―――じゃあ、あたしの傍にいて」

牧野の言葉に、目を見開く。

「あたしを、笑顔にできるのは、類だけなんだよ」

涙が、きらきらと宝石のように輝いていた。

「―――おれで、いいの?」

「類じゃなきゃ、だめなの。あたしには―――類が必要なの」

次の瞬間には、俺は牧野を腕の中にとらえていた。

なんでもできる。

牧野のためなら。

牧野が俺を必要とするなら。

一生だって傍にいるよ・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 う~、すいません、ここのところちょっと寝不足で。
 『夢のあと』の続きが書けません。
 なんとか近いうちに―――とは思ってるんですけども~。
 ほんとすいませんです。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント