FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

恋心 14 ~花より男子・類つく~

Category : 恋心 ~花より男子・F4×つくし~
つい、うとうとしていた。

いつもの非常階段で。

ふと、唇に柔らかい感触。

目を開けると、目の前に花沢類のきれいな睫毛。

「―――なんで」

「したくなったから」

「だから!そういう理由でキスしないでって―――!」

「じゃあ、どういう理由ならいいの?」

「!!」

「好きだって、言えばいい?牧野が、好きだからキスしたって」

いつもと違う、ちょっと強気な花沢類に。

あたしの胸がどきどきと騒ぎ出す。

「好きだよ、牧野が。だから、キスした」

「花沢類、あたしは―――」

「―――もう、司に遠慮するのはやめたんだ」

「道明寺と―――何かあったの?」

「それは、牧野でしょ。司と―――また喧嘩したんじゃないの?」

ドキンと心臓が鳴る。

そんなに腫れぼったい目をしてるのかと思って、思わず目をそらす。

「もう―――我慢できないよ」

類の声が、切なげに響く。

「そんな風に泣いてばかりいる牧野を、放っておけない」

「類―――」

「牧野は、俺が―――幸せにする」

そうして近づいてくる類を。

あたしは、拒むことができなかった。

やがて2つの影が重なり・・・・・・

今度は。

触れるだけのキスでは、終わらなかった・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 たくさんの励ましのコメント、本当にありがとうございます!
 感謝感謝です。
 こちらは好きなことなので続けたいという気持ちが強いのですが、仕事の方はどうにも進まなくって(^^;)
 短いお話が続きますが、毎日お付き合いくださる皆様に感謝、です♪

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント