FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

もっと酔わせて vol.6 ~花より男子・総つく~

Category : もっと酔わせて ~花より男子・総つく~
 -tsukushi-

 「るーい、もう起きないと、遅刻するよ」
 
 引越しの翌日。

 大学に行くために起きたあたしは、『起きれないから起こして』と言っていた類の部屋に入り、ベッドでぐっすり眠っている類に声をかけた。
「ねえってば、今日は朝から行かなきゃいけないんだって言ってたじゃん。早く起きて」
 いつも遅刻気味の類だけれど、今日は用事があるんだって。
 そう言っていたからあたしは何とか起きてもらおうと声をかける。

 それでもなかなか起きない類を前に、どうしようかと悩み―――

 「類ってば!いい加減起きないとあたし先に行っちゃうよ?」

 そう言って布団をひきはがしその肩に手を伸ばそうとして―――

 逆に、布団の中から伸びて来た腕にグイと腕を掴まれ、そのまま引きずりこまれてしまう。

 「きゃあっ!?」

 あっという間に類の腕に抱きこまれ―――

 目の前に、いたずらっぽい笑みを浮かべた類の顔。
「類!起きてたのね?」
「ん、おはよ」
 チュッと額にキスをされ。
 あたしは慌てて類から離れようとするけれど―――
「逃げちゃだめ」
 そう言って、しっかりと腰を引き寄せられてしまう。
「ちょっと、類!ふざけないで」
「せっかく一緒に住んでるんだから、こういうのも楽しませてよ」
「そんなこと言って、西門さんに見られたら―――」

 「―――そりゃあ、おおごとになりそうだよなあ、つくしちゃん」

 聞こえてきた声に、あたしはぴたりと動きを止めて―――

 恐る恐る振り向いたあたしの目に飛び込んできたのは―――

 額に青筋を浮かべ、絶対零度の瞳であたしたちを見下ろす西門さんの姿だった―――


 -soujirou-

 嫌な予感はしたんだ。

 朝が弱い類に頼まれ、類を起こすことを約束していた牧野。

 類の部屋は俺の部屋のすぐ隣だし。

 それほど薄い壁でもないが、牧野が部屋を出て、類の部屋に入って行ったのは扉の音でわかった。

 もちろん話し声までは聞こえなかったが、やっぱり心配で―――

 自分の部屋を出て、そっと隣の部屋の扉を開けてみれば―――

 「ちょっと、類!ふざけないで」

 牧野の慌てる声が聞こえてくる。

 「せっかく一緒に住んでるんだから、こういうのも楽しませてよ」

 くすくすと笑いながら、類の楽しそうな声。

 「そんなこと言って、西門さんに見られたら―――」

 まるで恋人の浮気現場に踏みこんだ気分だ。

 現れた俺に青い顔で振り向く牧野と、俺が来たことにとっくに気付いていたんだろう、余裕の笑みを浮かべる類と。

 俺は勢いに任せ牧野の腕を引っ張りそのまま部屋を出ると、俺の部屋へと牧野を連れて行った。

 「何してんだよ!?」
 俺の怒鳴り声に、牧野は一瞬顔を顰める。
「怒鳴らないでよ。仕方ないじゃない、類がなかなか起きてくれないから―――
「ガキじゃねえんだから、ほっときゃあいいんだよ!そんなに大事な用があるなら自分で起きられるっつーの!」
「だって―――」
「あんなの、お前を部屋に入れるための口実に決まってるだろうが!」
 俺の言葉に、牧野は眉をひそめ―――
「そんなこと、わかんないじゃん。類が寝起き悪いのはほんとだし―――。起こしてって言われれば、起こしに行くしかないでしょ」
「とにかく!これからは類の部屋行く前に俺んとこに来い!」
「なんで?」
 きょとんと首を傾げる牧野。
 大きなくりっとした目を瞬かせるその表情は可愛いけれど。
 今はそんなこと言ってる場合じゃなくて。
「お前を1人で類の部屋に行かせないため!いいか、今度からは俺が類を起こすから、類を起こす前に俺を起こせ!」
 そう言ってびしっと牧野の顔に指を突き立てる俺に。

 牧野は不本意そうに顔を顰め。
「めんどくさ・・・・・」
 と言ったけれど。
 その言葉に眉をピクリとつりあげる俺の顔を見ると一歩後ずさり。
「あ、嘘。ちゃんと起こすよ、大丈夫。―――あ、あたし、朝食作るね」
 と言って、そそくさと部屋を出て行ったのだった―――。

 「おはよ」
 牧野と入れ違いに部屋に入ってきたのは、類だ。
「てめ、ぬけぬけと―――。いいか、今度あんなことしたらぶん殴るからな」
 その言葉に、類が苦笑する。
「怖いね。なんか司に似て来たんじゃない?総二郎」
「うるせーよ。お前がそうさせてるんだろうが」
「そう?でも、牧野で遊ぶのは俺の趣味だし。唯一の楽しみなんだから奪ってほしくないなあ」
「知るか。とにかく、あいつにあんまりさわんじゃねえよ!」

 はいはいと軽く手を振りながら部屋を出て行く類に。

 これからはゆっくり寝ていられないと、溜め息をついたのだった・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 類の楽しみ。
 つくしをからかって遊ぶことと、総二郎を怒らせること?
 わかっていても総ちゃんはむかつくんだよね。

 今年も今日でおしまいです。
 何とかほぼ毎日更新し続けることができたのも、皆様の励ましの言葉があったからだと思っています。
 本当に1年間ありがとうございました!
 たくさんのコメントをいただいたにもかかわらず、1つ1つにレスつけることができず申し訳ありませんでした。
 来年も、毎日更新を目標に頑張りたいと思っていますので、どうぞお暇なときに覗きに来てくださいませ♪

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説
スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント