FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

2+1 ~君/に/届/け・風爽~

Category : 君に届け・二次~風爽~
テスト前で、今日は部活がない。

そして千鶴とあやねは今日はピンに雑用を頼まれ、借りだされている。

「雑用なら私が・・・・・」

そう言う爽子に、千鶴が言った。

「あー、いいのいいの。どうってことないよ、このくらい。その代わり貞子ノート、期待してるからさ」

爽子がまとめたノートがないと、勉強する気になれないという千鶴のため、爽子は先に帰ることにしたのだった。

そして、風早と龍も一緒に帰る。

「3人で帰るのって珍しいよな。龍、いつも部活だから」

風早の言葉に、爽子も頷く。

「うん、ほんと。真田君、いつも頑張ってるもんね」

「あー、まあ・・・・・好きなことだから」

いつものようにそっけなく答える龍だけれど。

頬を指でかく龍の顔は、微かに赤くなっている気もした。

「でも・・・・・勉強はあんまり好きじゃない」

「だよなー」

「だから・・・・・俺も、見たいんだけど」

「何を?」

不思議そうに聞く風早。

爽子も首を傾げる。

「・・・・・貞子ノート」

その龍の言葉に、爽子は驚き―――感激していた。

「も、もちろん、いいよ!」

爽子を挟んで、3人で並んでいたのだが。

爽子が感激して身を乗り出すようにしたことで、龍と爽子の距離がぐんと縮まる。

もちろん爽子は無意識なのだけれど。

風早の眉がピクリと動く。

「英語が・・・・・苦手で・・・・・」

「うん、じゃあ真田君に、最初に英語のノート渡すね!千鶴ちゃんには数学頼まれてたから―――」

―――まるで、2人が一緒に帰っていて風早がその横にくっついているような感じ―――

もちろん風早の気のせいなのだけれど。

「お、おれも!」

「え?」

爽子が振り向く。

「お、俺も―――科学とか、苦手だから、その―――」

「あ―――うん、じゃあ、風早くんには科学のノート、作ってくるね」

「さ、さんきゅ―――あ、でも、そんなに沢山じゃ、黒沼が大変だよな」

「ううん、大丈夫だよ。あたしの作ったノートがみんなの役に立つなら、嬉しい」

そう言ってふわりと笑う爽子の笑顔に、見惚れる風早。

そしてその横では、そんな2人を見て笑う龍。

千鶴が帰ってきたら、一緒に勉強しようかと考えていたことは、言わなかったけれど・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちょい鈍の爽子ちゃんと実はやきもち焼きの風早くん。
 お互いの優しい気持ちが伝わるようなお話にしたくて・・・・・。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント