FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

秘密の花園 vol.3 ~花より男子・?つくし~

Category : 秘密の花園 ~花より男子・?つくし~
「あなたがつくし―――それからあなたが進ね」

そう言って微笑んだのは、小柄な白髪の老婦人。

その笑顔は優しく、目元がママに似ていた。

「こんなに大きくなっていたとは・・・・・会いたかったよ」

隣にいた上品な白髪の老紳士も目元を緩ませてあたしたちを見つめた。

この人たちが、ママの両親―――あたしたちの祖父母だなんて。

あたしも進も頭の中がこんがらがってどう対応していいのかさえ分からなかった。

菅野コンツェルンと言えば、大企業をいくつも抱える日本を代表する財閥だ。

それこそ、あの道明寺家と肩を並べる程の財力を持ち、世界にもその名を轟かせている。

それが、ママの実家だなんて。

ママは、この両親に反対されてパパと駆け落ちしていたなんて。

そんなこと、寝耳に水。

とてもじゃないけど、現実のこととは思えなくて。

「あの―――私も進も、何も知らなかったんです。本当に―――」

「ええ。あなたのお母様は、私たちの実の娘よ」

祖母が、あたしの後ろにいたママへ視線を移す。

「どんなに探したか―――あなたには、話したいことがたくさんあったのに」

その言葉に、ママは目を伏せた。

今まで引っ越しが多いのは、借金のせいだと思ってた。

家賃が払えないからだって。

だから住み込みで働いたりしてたんだって。

でも、それは違ってた?

ママは、実家に帰りたくなくて―――それで逃げていたの・・・・・?

あたしは、押し黙ったままのママを、じっと見つめた―――。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちょっと設定に無理があるかなあとは思うのですが。
 その辺は少しだけ目を瞑っていただいて、楽しんでいただければ嬉しいです♪

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント