FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

もっと酔わせて vol.25 ~花より男子・総つく~

Category : もっと酔わせて ~花より男子・総つく~
 それから、3日後のことだった。

 夕食の後、西門さんが実家のお母さんから呼び出されて。
「わりい、1時間くらいで戻るから」
 そう言って出て行って、あたしは類とテレビを見ていた。

 『ピンポーン』

 「今頃、誰だろ?」
 西門さんは鍵を持ってるはずだし。
「俺が出るよ」
 そう言って、類が珍しく玄関へと出て行った。

 それからしばらくして一緒に現れたのは―――

 「祥一郎さん?」
 類の後ろから現れたのは、祥一郎さんだった。
「今晩は。ごめんね、突然。この間のお詫びに来たんだけど―――総二郎、いないんだね」
「あの、今実家の方に―――1時間くらいで戻りますけど」
「そう。ま、いいや。このワイン、この間と同じやつでもらい物なんだけど―――」
 そう言って、祥一郎さんはこの間2人で飲んだスパークリングワインを差し出した。
「この間のお詫びに、3人で飲んでよ。俺1人じゃやっぱり、おいしくないからさ」
 にっこりと微笑まれ、あたしはちらりと類の方を見てから、そのワインを受け取った。
 類はまるで気にしていない様子で再びソファーに身を沈める。
「あの―――コーヒーでも、どうですか?あたし、用意しますので座っててください」
「ああ、ありがとう」


 「―――うん、うまい。牧野さんは、コーヒー入れるのうまいね」
「そんなこと、ないです」
「・・・・・この間は、本当に悪かったね」
 祥一郎さんの言葉に、あたしは首を振った。
「あの時―――本当はもっと早く君を送っていくつもりだったんだ」
「え―――」
「でも・・・・・君を知りたかったっていうのも本当だけど―――ああして一緒に飲んでるうちに、もっと一緒にいたくなって。それまで考えたこともなかったのに。総二郎から、何か奪いたいなんて・・・・・」
 じっと、西門さんに似てる瞳で見つめられて。
 その真剣な眼差しに、あたしは一瞬身動きができなくなる。
「君を、自分のものにできたら―――。あのとき、俺は初めて総二郎に嫉妬した。初めて―――もし俺が、西門家に残ってたらって考えたよ」

 祥一郎さんは、じっとあたしを見つめて目をそらさなかった。

 どう答えたらいいのかわからない。

 その時、類が口を開いた。
「―――結果は、同じだよ」
 その言葉に、祥一郎さんが類の方を見る。
「もし、兄貴があの家に残って、もし牧野を好きになったとしても。牧野が好きになるのは、やっぱり総二郎だよ。どんなに兄貴がいい男で、どんなに総二郎が遊び人でも。やっぱり、牧野は総二郎を好きになったと思うよ」
「言うな―――。そこまで言いきれるほど、お前は牧野さんをよく知ってるわけだ?類。お前だって・・・・・牧野さんを好きなんだろう?こんな風に2人の同棲生活にまで踏み込んで。2人の仲がこじれたら、いつでも牧野さんをかっさらえる位置だ」
「俺は、そんなつもりはないよ。牧野が好きだから、そばにいたい。牧野に幸せになってほしいから、守りたい。そう思っただけ」
 いつものように、類が穏やかに微笑む。
「守りたい―――か。変わったな、類。そんな風にお前を変えたのも、あの総二郎を変えたのも―――牧野さん、君なんだな」
「あたしは―――何もしてません。何かが変わったんだとしたら、あたしはそのきっかけになる手伝いをしただけで・・・・・。西門さんも類も、根本的な部分は変わってないと思います」
「そうかもしれないな・・・・・。駄目だな、すっぱりきみのことは諦めようとここへ来たのに。君のことを知れば知るほど、深みにはまっていくみたいだ」
 ふっと、自嘲気味に笑う祥一郎さん。
 あたしは何と言っていいかわからずに、類の方を見た。
 類はこの状況を楽しんでいるように笑みを浮かべ、あたしの視線に気づくとひょいと肩をすくめた。

 ―――そのうち総二郎が帰ってくるよ。

 そんな風に言われたみたいで。
 そんな暢気なこと言ってていいんだろうかと、ちょっと心配にもなる。
 でも、祥一郎さんは西門さんのお兄さんなのだし。
 ちゃんと、西門さんのことだって考えてるんだよね・・・・・。
 
 「西門さんは、祥一郎さんのことが大好きなんです」
 そうあたしが言うと、祥一郎さんはちょっと目を瞬かせた。
「大好きなお兄さんだからこそ―――きっとあのときも怒ったんです。西門さんは、そういう人です。だから、あたしも彼を好きになったんです。遊んでるように見えても――――すごく、まじめで優しい人です」
「―――よく知ってるね、あいつのこと」
「祥一郎さんだって、知ってるでしょう?だから、あそこに西門さんが来ることも、本当は知ってたでしょう?」
「確かにね・・・・・。本気で君を好きなら、きっと来るだろうとは思ってたけど」
「意地、悪いですよ。そんな試すようなことして」
 祥一郎さんが、ふっと笑う。
「そうだね・・・・」
「それに―――西門さんは心配してたけど、あのとき、あたしにキスつもりなんか、なかったでしょう?」
 アルコールが回っていて、ふらふらだったあたしだけれど。
 今思うと、何となくそんな気がするのだ。
 祥一郎さんは、あのとき西門さんが来てること、ちゃんと気づいてたって。
「ちょっと、あいつをからかってやりたくなったんだ。でも―――今はちょっとそれも後悔してる。予想外に君が可愛くて―――また会いたくなってしまったから」
「からかわないでください」
「からかってなんかないよ。―――でも、諦めた方がいいんだろうな。総二郎だけじゃなく―――類も敵に回すことになりそうだし」
「俺だけじゃないよ。牧野に手を出せば、敵になる奴はいっぱいいる。牧野の周りには、そういうやつがいっぱいいるんだ」
「物騒だな」
 そう言ってくすくす笑い。
 コーヒーを飲み干すと、祥一郎さんは立ち上がった。
「そろそろ帰るよ」
「あ、でも西門さんが―――」
「いいんだ。また怒られるのは勘弁だし、もう行くよ―――牧野さん」
「はい」
「外の、車のところまで送ってくれる?―――最後の我儘だと思って」

 そう言って、西門さん顔負けのとろけるような笑顔を向けられて。

 不覚にも見惚れてしまったのは、類とあたしだけの秘密にしておこう、と思った・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 とりあえず、祥一郎さんにもその想いを昇華させてあげないとね。
 て、また総ちゃん出てないし。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント