FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

恋心 53 ~花より男子・類つく~

Category : 恋心 ~花より男子・F4×つくし~
「あ、やっぱりここにいた」

いつもの非常階段に、牧野がやってくる。

「大学の方で、結構探しちゃった。1回、こっちも見に来たんだけど」

「すれ違い?何?俺に用事?」

「うん、あのね、これ―――」

そう言って、牧野がおずおずと俺に紙袋を差し出す。

頬が微かに赤い。

「何?」

受け取りながら聞くと、牧野は俺から目をそらし、うつむいた。

「い、いいから、開けてみて」

「うん・・・・・」

不思議に思いながらも、袋を開く。

中に入っていたのはたくさんのクッキーで・・・・・

「クッキー?手作り?」

「う、うん。アイスボックスクッキーってやつ、初めて作ったんだけど―――。食べてくれる?」

「いいけど―――なんで俺に?」

今日は別に誕生日でもないし。

「―――花沢類に、食べてほしいから」

真っ赤になってそう言う牧野に、俺の胸が高鳴る。

それは、どういう意味?

「―――期待させるようなこと、言うなよ」

そんな気ないくせに。

俺はもう、牧野にとって恋愛対象じゃない。

そんなことわかってるのに、期待しそうになる自分がいる。

「―――いいよ」

囁くような、小さな声。

よく聞こえなくて。

「え?何?聞こえない」

「だ、だから―――期待していいって言ってんの!」

恥ずかしそうに叫ぶ、その顔は真っ赤で―――

俺は、信じられない思いで牧野を見つめた。

「―――マジで・・・・・?」

「そう、言ってるでしょ・・・・・もう、恥ずかしいから何度も言わせないで」

「だって―――いや、でも、なんでクッキー・・・・・?」

「・・・・・花沢類のために、何かしたかったの。でもいつも助けてもらってばっかりで―――何していいかわからなくて・・・・・。あたしにできることないかなって思って、それで―――」

その気持ちが嬉しくて。

俺に伝えようと一生懸命な牧野が可愛くて。

気づいたら、牧野を抱きしめてた。

「―――すげえ嬉しい・・・・・。ありがとう」

「あたしの気持ち・・・・・届いた・・・・・?」

「ん・・・・・すごくうれしい。好きだよ、牧野・・・・・」

「あたしも・・・・・好き、だよ・・・・・」

そっと触れるだけのキスをして。

夢じゃないって確かめるように、再びぎゅっと抱きしめた・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 類サイドのお話は久しぶり?のような気が・・・・・
 よく、『ブランコが一番好きです』というメールをいただきます。
 私が初めて書いた花男の二次なので、思い入れもひとしお。
 なので、その作品を皆さんに気に入っていただけるのはとっても嬉しいです。
 またそのうち、類つくの連載もできたらいいなと思ってます♪

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント