FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

恋心 55 ~花より男子・総つく~

Category : 恋心 ~花より男子・F4×つくし~
うとうととまどろむ彼の腕の中。

どこからか、携帯の着信音が聞こえてきた。

「―――きの、牧野、お前の携帯」

西門さんの声に、目を開ける。

「ん―・・・・誰、こんな朝早く―――」

言いながら、ベッドの下にあったバッグの中から携帯を取り出す。

目をこすりながら開いた携帯の画面には『花沢類』の文字。

「―――類」

あたしの声に、西門さんがピクリと反応する。

「類?なんでこんな時間に」

「わかんないよ。―――もしもし」

携帯を耳に当て、類と話しながらそれを思い出していた。

「―――あ、うん、覚えてるよ。―――わかった。じゃ、1時にね」

短い会話を終え電話を切ると、じろりと西門さんがあたしを睨んだ。

「なんだよ、1時って、あいつと約束あんの?」

「うん、静さんの誕生日プレゼント、一緒に選びに行こうって言ってたの」

「俺は知らねえぞ、そんな話」

「そう?結構前から類とは約束してたんだよ」

「―――じゃ、今日は俺と一緒にいらんないってこと?」

拗ねたような言葉。

だけど、先に約束していたのは類だし―――。

「類も最近忙しいみたいだし、もう誕生日まで日がないから―――」

「だからって、彼氏放って、別の男とデート?」

「デートじゃないよ。買い物するだけ」

「2人きりでな」

「だって・・・・・じゃ、一緒に行く?」

「やだね。あいつムカつくし」

西門さんと付き合うようになって。

類は何かとあたしたちの邪魔をするようになった。

道明寺のときにはなかったことなのだけれど。

「とられたくなかったら、ずっと牧野を捕まえてればいいじゃん」

不敵に笑ってそう言う類に。

西門さんの眉がピクリとつり上がった。

あたしと類の関係はずっと変わらない。

だけど、道明寺の時と類の態度が違う理由はあたしにもわからない。

「俺は、牧野が幸せならそれでいいんだ」

相変わらずそう言って笑ってくれる類。

だからあたしは類を信じてる。

どんな理由だって、類があたしのことを考えてくれてるってことはわかってるから。

「帰ったら、電話する」

そう言って笑うと、西門さんも苦笑して。

「門限8時な」

チュッと、触れるだけのキスをした―――。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このパターン、皆さんからの評判もよくて、自分でも気に入ってます。
 でも同じようなお話になりがちかな?
 やっぱりいつかはネタも尽きるかなあ

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント