FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

恋心 56 ~花より男子・あきつく~

Category : 恋心 ~花より男子・F4×つくし~
「その怪我、どうしたの?」

家に帰った途端、驚いた顔の牧野が俺を迎える。

「―――別に。てか、なんでお前がここに居んの?」

「あ、ちょっと、美作さんのお母さんとお茶の約束してて・・・・・」

「またか」

最近、俺の母親のお気に入りになった牧野はよく家に来る。

一緒にお茶したり、ケーキを作ったり、タイプの違う2人なのに、意外と気が合うようだった。

「そんなことより、その顔の傷!早く手当てしないと」

そう言って俺の手を引こうとする牧野の手を、思わず振り払う。

牧野が、目を見開く。

「―――悪い。けど、大丈夫だから」

ふいと目をそらし、俺は牧野の横を通り過ぎ、自分の部屋へ向かった。

別に、牧野のせいじゃない。

例のごとく人妻とデートしてて。

待ち伏せしてたらしい旦那に見つかって、殴られた。

よくあることだ。

そろそろ潮時だと思ってたし、未練もない。

腹が立っているのはそんなことじゃなかった。

ましてや、牧野に対してでもない。

敢えて言うなら、自分に対して腹を立ててるんだ。

こんな恋をするなんて自分でも信じられなかった。

不毛な恋だ。

どうにもならない。

自分の部屋のドアを開けようとしたその時。

「待って!」

後ろから、牧野の声。

「救急箱、持ってきたから―――手当て、させて」

溜息とともに、自嘲気味な笑いが漏れる。

―――馬鹿な女だ。人の気も知らないで―――

「―――わかった。入れよ」

そうして牧野を部屋に招き入れ。

後ろ手に、部屋の鍵を閉める。

「―――相変わらず、無防備な奴だよな」

「え?」

キョトンとして振り向くあいつを、じっと見つめる。

「美作さん?」

「俺が―――男だってこと、忘れてるだろ」

ゆっくりと、牧野に近付く。

いつもと違う気配にようやく気付いた牧野が、それに合わせて後ずさる。

「―――男の部屋に、のこのこ入ったりして―――後悔するぜ?」

その黒髪に、そっと手を伸ばす。

ピクリと引きつる表情。

「もう―――止められねえからな」

射抜くように見つめて。

俺は、牧野を引き寄せると、その唇を奪った―――。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 たまには、ちょっと強引なあきらも

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

続きが

その続きが読みたいです。
R版で

No title

朝から、どきどき(笑)させてもらいました。
普段が普段だけに、こういう強引さはどきっとさえてくれますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント