FC2ブログ

プロフィール

きらら

  • Author:きらら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さくら咲く

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
*Before it reads*


*このブログは名探偵コナン・ごくせん・花より男子・君に届け&ゲーム(ラブレボ・新撰組など)の二次小説のブログになります。
*このブログは管理人個人によるファンサイトです。 原作者や出版社等とは何の関連もありません。
*あくまでも管理人の二次世界の小説ですので、人によってはイメージに大幅なずれがある場合もございますのでご注意ください。
*閲覧については自身の責任においてお願いいたします。
*このブログについての誹謗中傷・クレームなどの書き込みはおやめください。
*このブログの無断転載複製を禁じます。
*万が一このブログをお読みになって不快感を感じられたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

サプライズ・バースデー ~花より男子・類つく~

Category : Birthday Novels~花より男子~
 『20歳の誕生日は特別なんだぜ』

 そう言って、意味ありげににやりと笑った西門さんの言葉の意味が、ようやくわかった。

 『花沢さん、お誕生日に婚約発表されるんですって』

 そんな噂話が耳に入ってきて。

 動揺してる自分に驚いてた。

 だって花沢類は友達で。

 大切な存在だけど、それだけで。

 いつか誰かと結婚することなんてわかってたはずなのに―――

 いつの間にか、あたしの花沢類に対する気持ちはそれだけじゃなくなってたんだ・・・・・。

 「告っちまえばいいだろ?」
 美作さんに言われ、あたしは首を振る。
「そんなこと、できるわけないじゃん」
「なんで。今はお前もフリーなんだし、何の問題もないだろうが」
「でも、もう婚約は決まってる話なんでしょ?今更あたしが出てったら、迷惑かけるだけじゃん」
 あたしの言葉に、美作さんが溜息をつく。
「わかってねえな、お前は」
「何が?」
「絶対後悔するぞ」
「そんなこと―――」
「俺の知ってる牧野つくしはそんな臆病ものじゃなかったけどな」
「!!」
「お前は、やるときゃやる女だろ?後悔するような生き方は、似合わねえぜ」
 そう言うと、美作さんは行ってしまった。

 あたしはしばらくその場に突っ立ったままで―――

 「―――どうしろって言うのよ―――」

 そんな呟きも、風にかき消されてしまった―――。


 類の誕生日パーティー当日。
 美作さん、西門さんと一緒に類の家に行ったあたしは、桜子から借りたピンクのドレスを着ていた。
「牧野、可愛いね」
 いつものように、類が微笑む。
「あ、ありがとう。類も、かっこいいよ」
 本当に。
 いつにも増して淡いブルーグレーのスーツが似合って、すごくかっこよかった。
「ネクタイが苦しくて。こういうの、嫌いなんだ」
 そう言って顔を顰める。
「俺たち、向こう行ってるぜ」
 突然西門さんが言った。
「え?なんで?」
「知ってる子見つけた。あきら、行こうぜ」
「おお」
 あっという間に2人は行ってしまい。
 何となく気まずい空気が流れる。

「あの―――」
「ん?」
「まだ―――婚約者の人、来ないの?」
 聞いてしまってから、後悔する。

 胸が苦しい。

 やっぱり、来なければよかった。
「―――来ないよ」
 類の言葉に、あたしは驚いてその顔を見る。
 いつものように穏やかな類の顔。
「なんで―――だって、婚約発表するって―――」
「俺は、好きでもない女と結婚なんかしない」
 そう言って、じっとあたしを見つめるその瞳は、いつもよりも熱っぽくて―――
「牧野は、俺が他の女と婚約してもよかったの?」
「あたし―――」
「俺と誰かの婚約発表聞いて―――笑っておめでとうって、言うつもりだった?」

 笑っておめでとう?

 そんなこと、言えるわけ、ない・・・・・。

 「俺は―――牧野以外の女を好きになんかなれない」
「類・・・・・」
「牧野がたとえ俺を好きじゃなくても―――俺には牧野しかいないから。他の女と結婚なんかしない」

 言葉にならない。

 ただ、涙が溢れてきて。

 目の前の類が霞んで見えた―――

 「あたしも―――好きだよ、類が・・・・・」
 精一杯の、あたしの気持ち。
「他の人と―――結婚なんか、しないで―――」
「ようやく・・・・・言ってくれた」
 ほっとしたように類が言って。
 ふわりと抱きしめられた。
「ずっと、言ってくれないつもりかと思った・・・・・」
「類―――?」
「ごめん。婚約の話は嘘」
「え―――ええ!?」
 驚いて、思わず類の体を押し戻す。
「総二郎とあきらに言われて。牧野に好きって言わせる作戦―――だったんだけど。ちょっと焦って、俺のが先に言っちゃった」
 そう言って、いたずらっ子のように笑う類。

 その後ろで悪魔の笑みを浮かべる2人の姿が見えて。

 「あんの―――後で覚えときなさいよ!」
 そんな言葉にも、ゲラゲラと涙を流して笑う2人に。

 ほんとは内心感謝してたりして。

 婚約の話が嘘で、本当に良かったと息をついた。

 「でも、それはこれから本当になるから」
 類の言葉にぎょっとする。
「え!?」
「牧野、俺と結婚して」
 さらりと、普通の会話みたいに言うから、あたしは一瞬呆けてしまい。
「行こう」
 グイと手を引っ張られ、あたしはつんのめるようにして歩きだす。
「ど、どこに?」
「みんなに、紹介するから」
「は?」
「俺の婚約者だって」
「え―――ええ!?」

 婚約!?

 だって、あたしまだ返事もしてないのに?

 「待ってられない。どうせ結果はおんなじでしょ」

 そう言って、にっこりと微笑む。

 「だって、俺はもう牧野を離すつもり、ないから」

 その天使の笑顔に、あたしは何も言い返せない。

 だって、あたしの方が―――

 もう、類から離れられない・・・・・。


                   fin.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 類のお誕生日小説です。
 なかなかいいお話が思い浮かばなくて。
 何とか間に合ってよかった~。

 いつもご覧頂きありがとうございます。
↓こちらのランキングにもご協力いただけたらうれしいです♪
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ 0574
お気に召していただけましたらこちらをクリックしてくださいませ♪
いつも励みにさせていただいてます

ブログの小説をUPしているサイトです♪
kira kira heart
オリジナル小説、随時UPしてます!こちらもよろしければ見てみてくださいませ♪
きらら☆みるくの小説




スポンサーサイト



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント